「板谷四郎」の版間の差分

経歴節の記述を整理。日本将棋連盟公式サイトでは、1950年の九段戦(大山康晴 対 板谷)をタイトル戦と扱っていないので、「タイトル戦登場1回(1950年度-第1期九段戦)」を除去。
(脚注を表示できるよう編集。)
(経歴節の記述を整理。日本将棋連盟公式サイトでは、1950年の九段戦(大山康晴 対 板谷)をタイトル戦と扱っていないので、「タイトル戦登場1回(1950年度-第1期九段戦)」を除去。)
 
== 経歴 ==
[[1940年]]、26歳の時、二段で木村義雄名人(当時)に入下で[[1941年新進棋士奨励会|奨励会]]に入会(二)。[[19481941年]]七段特進、[[1950年]]八(プロ入り)。1950年度の第1期[[十段戦 (将棋)|九段戦]]で準優勝。[[1954年]]全八段戦優勝。[[1959年]]に引退。[[名古屋市]]において[[日本将棋連盟]]東海本部長を長く務めたほか、板谷進、[[石田和雄]]、[[北村文男]]らの弟子を育成した。[[1979年]]九段。[[1995年]][[肺気腫]]のため82歳で死去。
 
[[1986年]](昭和61年)春、勲五等双光旭日章を受章<ref>{{Cite book |和書 |last= |first= |author= |year=2014 |title=平成26年版 将棋年鑑 |publisher=日本将棋連盟 |page=614 |id= |isbn=978-4-8399-5175-7 }}</ref>。
 
== 昇段履歴 ==
*1940年 二段 (奨励会に入会)
*1941年 四段 (プロ入り)
*1943年 五段
*1948年 七段(特進)
*1950年 八段
*19791959年 九段(1959年引退
*1979年 九段
 
== 戦歴 ==
*タイトル戦登場1回(1950年度-第1期九段戦)
*棋戦優勝 1回(1954年-全八段戦)