「ドースト・ムハンマド・ハーン」の版間の差分

編集の要約なし
イギリスは、ロシアに対抗するためにアフガニスタン国内への軍の進駐を要求したが、ドースト・ムハンマドは、これに対してペシャーワルの回復という対価を要求した。アフガニスタンの強化を望まないイギリスは、旧王家サドザイの[[シュジャー・シャー]]と手を結ぶことを選び、1838年、アフガニスタンに対し宣戦を布告した([[第一次アフガン戦争]])。
 
アフガニスタンに侵攻したイギリス軍は、1839年8月、カーブルを占領。ドースト・ムハンマドはイギリスに捕らえられ<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />、シュジャー・シャーがイギリスの後援の下でアフガニスタンの国王となっに就けられ<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>。しかし、イギリスはカーブルと[[ジャララバード]]といった点を支配しているに過ぎず<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>、傀儡君主であるシュジャー・ハーンにも信望はなかった<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.328</ref>(王国の実権を握っていたのは、ドースト・ムハンマドの長男で、シュジャー・ハーンの宰相を務めていた{{仮リンク|アクバル・ハーン|en|Wazir Akbar Khan}}であった<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)pp.328-329</ref>)。各地で侵略軍に対する反乱が勃発した。大損害を出したイギリス軍は、戦争の継続を断念せざるを得なかった。
 
1842年にシュジャー・シャーが暗殺されると、再びアフガニスタンの主権を握る<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />。1855年、イギリスとの間に友好条約を締結<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />。その後はイギリスの対イラン戦争を支援した<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" />。その勢力はアム川以南のトルキスタンに及び<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.326</ref>、1863年にはサドーザイの手にあった[[ヘラート]]を併合するなど<ref name="iwanami_sekaijinmei_b1848" /><ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.326</ref>、現在のアフガニスタンの勢力範囲をほぼ確定しまとめ上げた<ref>『世界現代史11 中東現代史I』(山川出版社、1982年)p.326</ref>。
 
== 脚注 ==