「傍受」の版間の差分

(ce)
== 無線通信 ==
<!--ここでは、無線通信の傍受について主に解説する。-->
[[無線通信]]においては、「傍受」とは、積極的意思をもって、自己に当てられていない無線通信を受信することである<ref name="dempa">{{Citation |和書 | title =電波法要説 | publisher =電気通信振興会 | isbn =4-8076-0086-9}}</ref>。これは、無線通信の当事者のいずれの同意も得ないで他人間の無線通信を受信することであり、「盗聴」とは区別する。無線通信を傍受しただけでは違法と断定することはできないが、第三者に内容等を漏洩したり、窃用(せつよう。通信内容を自己または第三者の利益のために利用すること)したりした場合は罪となる<ref>[http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_faq/5Privacy.htm 総務省] 「通信の秘密の保護」に関する法律と「通信の秘密」として保護される範囲</ref>。また、一般の電話の聴取([[有線電気通信法]]第9条、[[電気通信事業法]]第4条参照)や、盗聴器による聴取も違法となりえる。
[http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_faq/5Privacy.htm 総務省] 「通信の秘密の保護」に関する法律と「通信の秘密」として保護される範囲</ref>。実際にJRの鉄道無線を傍受し録音した内容を一般公開した人が書類送検された事例もある<ref>JR無線を傍受、ネット公開容疑 会社員を書類送検[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H22_X00C16A7CC0000/]</ref>。また、一般の電話の聴取([[有線電気通信法]]第9条、[[電気通信事業法]]第4条参照)や、盗聴器による聴取も違法となりえる。
 
<!--定義がおかしい。出典を-->
二つ目は、通信を行なう当事者の間においての傍受である。無線局が、ある周波数に複数存在し、A局とB局が通信を行なっている最中にC局が当該通信を聴取すると、Cは傍受を行なったこととなる。
-->
 
== 趣味としての傍受 ==
'''SWL'''という無線通信を受信する趣味があり、無線通信を傍受した者が通信当事者に受信報告書を送り、当事者から[[QSLカード]](正しくは'''受信確認証''')を発行してもらい収集する事が行われている。これは、通信当事者からQSLカードを発行してもらうまでは同意を得ていないので「傍受」といえるが、QSLカードを発行してもらった段階で事後的に同意を得たことになるので、単なる「受信」ということになる。なお、[[日本アマチュア無線連盟]](JARL)の准員([[アマチュア無線局]]を開設していない会員)は、准員になった段階でアマチュア無線の当事者になったとみなされるので、傍受したことにはならず、単に受信したことになる。