「場の空気」の版間の差分

==「場の空気」を読む危険性==
{{See also|集団思考}}
アーヴィング・ジャニスは、[[ピッグス湾事件]]、[[ベトナム戦争]]の[[トンキン湾事件]]による拡大政策、[[ウォーターゲート事件]]、[[イラク戦争]]などの事例から、[[アメリカ合衆国大統領]]と[[ホワイトハウス]]の側近がいかに優秀であっても、集団になると馬鹿げた意思決定をしてしまう現象('''集団浅慮''')を分析している。
 
固定的な組織が似通った構成員により作られ、公平なリーダーシップがない状況で、外部から強い圧力を受ける場合、[[全会一致の幻想]]を抱き、他人の勧告や他の情報を意図的に無視し、集団のコンセンサス合意を逸脱する議論に圧力をかける「全会一致への圧力」「責任分散システム」が生じるとする。
 
この結果、閉鎖的な仲の良い集団が、和を尊重しすぎるあまり、重大な意思決定に際して、不合理な[[リスキーシフト]]を起こす。[[リスキーシフト]]とは集団で討議したのち、意思決定がより危険性の高いものにシフトする心理法則・心理現象を指す<ref>「日本的集団浅慮の研究・要約版」阿部孝太郎(小樽商科大学学術成果コレクション2006-12-25)[http://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/bitstream/10252/282/1/ER_57(2-3)_73-84.pdf]</ref>。
匿名利用者