「プルタルコス」の版間の差分

m
m (Bot: {{Template:Platonists → {{Platonists, Removed namespace in template ∵Check Wikipedia #1)
 
== 略歴 ==
[[ボイオティア]]にある[[カイロネイア]]の名門出身。[[アテナイ]]で[[数学]]と[[自然哲学]]を学び、ギリシャ本土と[[アナトリア半島|小アジア]]の[[サルディス]]、[[古代エジプト|エジプト]]の[[アレクサンドリア]]に赴き、カイロネイアの使節として[[ローマ]]にも度々滞在した。生涯を故郷で過ごし、市民と親しく付き合い、ローマからの客をもてなしたので、家は大いに賑わったとされる。一方では、[[デルポイ|デルフォイ神殿]]の神官と交流を持ち、神託を推奨した。
 
<!--豊かな教養と堅実な思想が特徴。-->思想的には[[アカデメイア派]]に属し、その他[[ストア派]]や[[逍遙学派|ペリパトス派]]の考え方も取り入れていた。