「県 (中華人民共和国)」の版間の差分

m
脱字の挿入、誤字の修正
m
m (脱字の挿入、誤字の修正)
[[中華人民共和国]]における'''県'''(けん {{簡体字|'''县'''}} {{ピン音|Xiàn}})は[[1949年]]の建国時に[[中華民国]]の[[行政督察区]]の管轄下の県を引き継いで誕生した。当初は[[専区]](行政督察専区)の管轄下で、2007年現在は[[地区 (中華人民共和国)|地区]]あるいは[[地級行政区]]の管轄である。
 
2002年12月31日現在で、県級行政区は2860個あった。平均人口は63.13万人。工業化の発展と都市化にともない、[[中国大陸]]全土で[[県級市]]が急増したため、2007年12月31日現在、1470県と県が急減した。少数民族の[[自治県]]は117である。[[県級行政区]]は省の下、[[地級行政区]]に属するのが基本であるが、[[海南省]]全域など省に直属する場合もある
 
== 編製 ==
 
=== 直属機関 ===
行政機構の性格のある行政単位を持つことを指すが、[[政府組閣局]]には属さない。信訪局のように、各県にすべて設置してあり、多くの直屬政府弁公室が管理する。例えば城鎮の緑化を請け負う環境衛生管理的園林局、環衛局(環衛所)、民防弁のように、とても多くの[[計画経済]]時代の管理機構が残る。農機局、畜牧局、蔬菜局、物価局など、それらの機関は今日ではあまり重要でないにもかかわらず廃止されずに残っていたりする。
 
=== 事業単位 ===
4,219

回編集