「ニコラウス・コペルニクス」の版間の差分

m
== 地動説 ==
[[File:Copernican heliocentrism theory diagram.svg|thumb|『天体の回転について』に描かれているコペルニクスの宇宙]]
コペルニクスのもっとも重要な業績は、[[地動説]]の再発見である。当時は[[クラウディオス・プトレマイオス|プトレマイオス]]が2世紀中ごろに大成した天動説が一般的な学説であったが、惑星観測の精度が上がるたびに惑星の運行を説明するための周転円の数が増えていき、非常に複雑なものとなっていた<ref>「Newton別冊 現代の宇宙像はこうして創られた 天文学躍進の400年」p12 ニュートンプレス 2009年5月15日発行</ref>。この複雑さを解消するためにコペルニクスは地球を太陽の周りを回るものと仮定し、その結果従来の天動説よりもずっと簡単に天体の逆行運動などを説明できることを発見した。それまでの天動説においては地球を中心にし、内側から[[月]]、[[水星]]、[[金星]]、[[太陽]]、[[火星]]、[[木星]]、[[土星]]の順に惑星を並べていたのに対し、コペルニクスは太陽を中心として公転周期の短い惑星から順に配置していき、惑星は内側から水星、金星、地球、火星、木星、土星の順に太陽の周りをまわっているとした。また、月のみは地球の周りを回転していると考えた。ただしコペルニクスは惑星は完全な円軌道を描くと考えており、その点については従来の天動説と同様であり単にプトレマイオスの天動説よりも周転円の数を減らし、[[エカント]]を排除したに過ぎない。実際には惑星は楕円軌道を描いていることは、[[ヨハネス・ケプラー]]により発見された(もっとも天体が円運動を描いているという仮定により、天文学者は天体の逆行運動の説明を迫られたのであり、そういう思い込みが存在しなかったのならそもそも天体運動を探求する動機すら存在しなかったのであり、コペルニクスが円運動にこだわった限界はやむを得なかったとする評がある<ref>[[竹内薫]]著 『99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』[[光文社]]新書 ISBN 978-4334033415</ref>)。またコペルニクスは、惑星や恒星がその上に張り付き運動すると考えられた、いわゆる[[天球]]については実在を疑っていなかった
 
この複雑さを解消するために、コペルニクスは地球を太陽の周りを回るものと仮定し、その結果従来の天動説よりもずっと簡単に天体の逆行運動などを説明できることを発見した。それまでの天動説においては地球を中心にし、内側から[[月]]・[[水星]]・[[金星]]・[[太陽]]・[[火星]]・[[木星]]・[[土星]]の順に、惑星を並べていたのに対し、コペルニクスは太陽を中心として公転周期の短い惑星から順に配置していき、惑星は内側から水星、金星、地球、火星、木星、土星の順に太陽の周りをまわっているとした。また、月のみは地球の周りを回転していると考えた。
 
ただしコペルニクスは、惑星は完全な円軌道を描くと考えており、その点については従来の天動説と同様であり、単にプトレマイオスの天動説よりも周転円の数を減らし、[[エカント]]を排除したに過ぎない。
 
実際には、惑星の軌道は[[楕円軌道]]を描いていることは、[[ヨハネス・ケプラー]]の『[[ケプラーの法則]]』により発見された(もっとも天体が円運動を描いているという仮定により、天文学者は天体の逆行運動の説明を迫られたのであり、そういう思い込みが存在しなかったのならそもそも天体運動を探求する動機すら存在しなかったのであり、コペルニクスが円運動にこだわった限界はやむを得なかったとする評がある<ref>[[竹内薫]]著 『99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』[[光文社]]新書 ISBN 978-4334033415</ref>)。またコペルニクスは、惑星や恒星がその上に張り付き運動すると考えられた、いわゆる[[天球]]については実在を疑っていなかった。
 
== グレシャムの法則 ==