メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
: 出身:アース-833
: 次元を超えて結成された同盟「キャプテン・ブリテン・コァ」の一員。アース-833におけるキャプテン・ブリテン。
; ピーター・ポーカー / スパイダーハム<ref name="web"/>
: 出身:アース-25
: 喋る豚のスパイダーマン。キャラクター自体は『スパイダーハム』シリーズの主人公として1985年から登場しているが、そちらはアース-8311の住人、本作に登場するのは『スパイダーハム 25thアニバーサリースペシャル』(2010年)が初出の別人である<ref>{{Cite book |和書 |author = |year = 2016 |title = スパイダーバース |publisher = ヴィレッジブックス |page = 170 |isbn = 978-4-86491-281-5 C0979}}</ref>。
: ギャグ漫画の世界の住人であるため、現実離れしたタフな身体の持ち主。
; [[グウェン・ステイシー]] / スパイダーウーマン(スパイダーグウェン)<ref name="web"/>
: 出身:アース-65
: アース-65ではグウェンがスパイダーパワーを得ており、ピーターが死亡するという、アース-616とは逆の展開を経ている。
: アクシデントで2099年に飛ばされ、元の時代に戻ろうとする過程で別次元のスパイダーたちが次々とインヘリターズに襲われていることを知り、対抗策としてスパイダーアーミーを結成するために生き残ったスパイダーたちを集めていた。しかし多くのスパイダーマンが人殺しを厭うことを懸念し、さらに密かに暗殺部隊を結成している。
: 戦いの中で「自分が消滅し、ピーターが肉体を取り戻した後のスパイダーマンがアース-616スパイダーマンなのでは」という懸念を抱き、その事態を阻止しようと考え始める。なお史実では最終的にピーターの方がより良い(スーペリア)スパイダーマンなのだと理解して体を返却する。
; ピーター・パーカー / スパイダーマン<ref name="web">テレビアニメ『[[アルティメット・スパイダーマン]]』に登場するスパイダーマン。主に、第3シリーズの『アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ』に登場。本作でも、一部のスパイダーマンは、この作品での登場からか面識があるような描写があるが、そうでないスパイダーマンも存在する。</ref>
; ピーター・パーカー / スパイダーマン
: 出身:アース-12041
: テレビアニメ『[[アルティメット・スパイダーマン]]』の主人公。原典と同様に、突然デフォルメされた姿になったり[[第四の壁|誰ともつかない相手に話しかけたり]]する。
: マイルズと共にアース-67のピーターを迎えに行き、その後スパイダーアーミーに合流する。
; マイルズ・モラレス / アルティメット・スパイダーマン<ref name="web"/>
: 出身:アース-1610
: 漫画『アルティメット・スパイダーマン』の2代目主人公であり、アルティメットユニバースの2代目スパイダーマン。
: アース-12041のピーターが言った「ウェブ・ウォリアーズ」というチーム名に最初は呆れていたが、その後自ら口にしている。
; ピーター・パーカー / ザ・スパイダーマン(スパイダーマン・ノワール)<ref name="web"/>
: 出身:アース-90214
: 1930年代初頭を舞台とするシリーズ『スパイダーマン・ノワール』の主人公。拳銃を所持している。他のピーターたちと比較してハードボイルドな立ち振舞から、共に行動したアース-92100のピーターからは「[[ハンフリー・ボガート|ボガート]]」と呼ばれている。
: 出身:アース-14152
: 5年前に死んだ父の遺志を継ぎ、パワードスーツで戦う14歳の少女。スパ//ダーとは、厳密にはパワードスーツの名称である。
; スパイダーマン2099<ref name="web"/>
: 『スパイダーマン2099』の主人公。山城拓也の「レオパルドン」の修復などに協力した。
 
== 脚注 ==