「ミハエル・サーシュ」の版間の差分

m
年の修正
編集の要約なし
m (年の修正)
 
==略歴==
[[ベルゲン]]で生まれた、1823年からフレデリク王立大学(現[[オスロ大学]])で神学と博物学を学び、1828年に神学の過程を終えた。オスロやベルゲンの学校で教え、1831年からノルウェーの北西海岸の町の教区牧師を務めた。8年後にベルゲンの北のマンジャー(Manger)に移り、185411854年から[[ベルゲン大学]]の動物学の教授に任じられ、その後は動物学の教授として働いた。1829年にノルウェーの海洋生物に関する最初の著作を行い、ベルゲン海岸で発見された生物に関する著作を行った。1850年にノルウェーのフィヨルドや[[ロフォーテン諸島]]のドレッジ(浚渫)調査の結果を報告し、イギリスの海洋学者、[[エドワード・フォーブス]]の海洋生物の数が深さとともに減り、500m以深は無生物帯であるという学説を否定した<ref>Ludwig Darmstaedter (Hrsg.): ''[http://www.digitalis.uni-koeln.de/Darmstaedter/darmstaedter_index.html Handbuch zur Geschichte der Naturwissenschaften und der Technik]'', Springer, Berlin 1908, S. 521</ref>。
 
詩人、文芸評論家のウェルハーベン(Johan Sebastian Welhaven)の妹と結婚し、息子には歴史家のアーンスト・サーシュ(Ernst Sars: 1835-1917)、海洋生物学者の[[ゲオルク・オシアン・サーシュ]]がいる。娘にメゾソプラノ歌手のエヴァ・ナンセン(Eva Helene Nansen:1858–1907)がいる。
 
{{Normdaten}}
 
{{DEFAULTSORT:さあしゆ みはえる}}
[[Category:ノルウェーの学者]]