「淝水の戦い」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{記事名の制約|title=淝水の戦い}}
{{Battlebox
|battle_name = 淝水の戦い
| campaign = [[五胡十六国時代]]
| image =
| caption =
| conflict = '''淝水の戦い'''
| date = [[383年]][[10月]]
| place = 淝水(現在の[[安徽省]][[寿県]]東方)
| result = 東晋軍の大勝利
| combatant1 = [[東晋]]軍
|}}
 
'''淝水の戦い'''(ひすいのたたかい)は、[[中国]]の[[五胡十六国時代]]に、[[華北]]の[[前秦]]軍と[[江南]]の[[東晋]]軍とが[[383年]]に淝水(現在の[[安徽省]][[寿県]]の東南)で激突した戦い。淝はさんずいに肥。
 
== 概要 ==
史書では謝安がこのような態度をとったのは周囲の朝臣を安堵させ動揺させないためであったとされ、実際に謝安に軍略があったのかどうかに関しては不明とされている<ref name="新十八史略126"/>。桓沖の援軍を断ったのは、前衛を突破されたら3000の兵力では役に立たず、あえて断ったとされている<ref name="新十八史略126"/>。
 
===&#28125;水の戦い ===
383年5月、前秦軍南下の情報を聞いた東晋は先んじて行動を起こし、車騎将軍の桓沖に襄陽を、輔国将軍の[[楊亮]]に[[四川省|蜀]]を攻撃させた<ref name="民族大移動95"/>。前秦はこれを押し留めた<ref name="民族大移動95"/>。
 
10月、苻融の軍は東晋の首都[[建康 (都城)|建康]]の西北西200Kmに位置する[[寿春]](現在の安徽省[[寿県]])を陥落させ、梁成の軍は洛澗(淮水の支流、寿春の東方)で駐屯した<ref name="民族大移動95"/>。東晋の[[宰相]][[謝安]]はこれに対して弟の征討大都督[[謝石]]と甥の謝玄に7万の水陸両軍を預けて洛澗を攻撃させ、両名は夜襲をかけて梁成を殺した<ref name="民族大移動95"/>。
 
その後、東晋軍は&#28125;水に進み、前秦軍も苻堅の本隊が寿春に入った<ref name="民族大移動95"/>。両軍は河を挟んで対峙し<ref name="民族大移動95"/>、苻堅は降伏勧告の使者に朱序を送ったが、朱序は東晋の軍に入ると「前秦の100万の軍が集結してしまうと勝てません。先鋒を挫けば良いでしょう」と謝石達に対して進言した<ref name="新十八史略127">駒田『新十八史略4』、P127</ref>。謝石もこれを受け、東晋軍は勇猛で名高い劉牢之の軍勢に前秦軍の前衛部隊を攻撃させ、勝利した<ref name="新十八史略127"/>。
 
この敗戦で苻堅は東晋軍が予想に反して精強である事を悟り、恐れを抱いた<ref name="新十八史略127"/>。この時の苻堅は「憮然として始めて恐るる色あり」という状態だったといわれ、山の草木すら敵兵に見えたとまで言われるほどだった<ref name="新十八史略127"/>。この時、謝玄が派した使者が苻堅に対して「渡河して戦おうではないか」と誘いをかけ、苻堅もこれに乗った<ref name="新十八史略128">駒田『新十八史略4』、P128</ref>。一部の武将は兵力の優位を生かしての強硬策を主張したが聞き入れられず、苻堅はこの時に自軍を少し引かせることで相手を誘い込み、東晋軍が河を渡りかけたところでこれを撃つという、いわゆる「半渡」を狙うことにした<ref name="新十八史略128"/>。
敗れた前秦はこの敗戦における動揺が激しく、一気に統制力が緩み華北は再び戦乱の時代となる。
 
慕容垂は弟の[[慕容徳]]に苻堅を殺して自立しようと誘われるが、それは出来ないと断り、東の鎮定に出るという名目で、苻堅と途中で分かれた。そして故郷である[[ギョウ|鄴]](河南省[[臨漳県]]。旧[[前燕]]の首都)に戻り、ここにいた苻堅の庶長子の[[苻丕]]と争い、[[384年]]に自立して燕王となった。これは[[後燕]]と呼ばれる<ref name="新十八史略130">駒田『新十八史略4』、P130</ref>。同じ頃、前秦の北地長史であった[[慕容泓]]は[[華陰]]で兵を挙げた。また同時期に[[関中]]で挙兵していた弟の[[慕容沖]]は苻堅の軍に敗れて逃亡し、慕容泓と合流した。これに対して苻堅は姚萇を派遣するが、慕容泓はこれを破る。更に苻堅に捕らわれていた慕容暐を助けるために長安攻略を目指すが、途中で部下に暗殺される。その後を慕容沖が継ぎ、長安を攻めて苻堅を敗走させ、ここで即位した。これは[[西燕]]と呼ばれる。慕容泓に敗れた姚萇は、敗戦の罪で苻堅に誅殺されることを恐れて逃亡し、渭北(渭河の北)で羌族を集めて自立した。これは[[後秦]]と呼ばれる。前秦の将軍として[[西域]]に遠征していた[[呂光]]は、一旦帰ってきたところで&#28125;水の敗戦を聞き、[[甘粛省|甘粛]]で自立して[[386年]]に涼天王を名乗った。これは[[後涼]]と呼ばれる。
 
長安から逃げた後の苻堅は、離反した諸国を鎮定するために派兵するが、敗戦が多くまたこの混乱で長安の経済が破壊されて深刻な食糧不足に陥った<ref name="民族大移動97"/>。385年5月、西燕の勢力を恐れて苻堅は一族と共に長安から脱出するが、[[385年]]7月に姚萇により捕らえられ[[新平]]に連行されて[[禅譲]]を強要される<ref name="民族大移動97"/>。しかしこれを断り、首を絞められて殺された(自殺したともいわれる)<ref name="民族大移動98">三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P98</ref><ref name="新十八史略130"/>。その死を聞いた苻丕は河東(黄河が北流する東)で皇帝に即位するが、西燕に大敗し、逃れたところを東晋軍に攻められて殺される。その後、一族は抵抗を続けるが、[[394年]]10月に完全に滅ぼされた。
匿名利用者