「アリとキリギリス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
「'''アリとキリギリス'''」は、[[イソップ寓話]]のひとつ。
 
元は「'''アリとセミ'''」(''{{Lang|el|Fabulae}}''Fable114は黄金虫<ref>{{cite wikisource|Αισώπου Μύθοι/Μύρμηξ και κάνθαρος|Αἰσώπου Μῦθοι|el|nobullet=yes}}</ref>:[[センチコガネ]]<ref>{{Cite web
|url=http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/cicada/greek.html#Fable114
|title=第1章 ギリシア語による「蟻と蝉」Fable114「蟻とクソムシ(kantharos)」〔112話「蟻とセンチコガネ」〕
*[[アイソーポス|イソップ]]
*[[イソップ寓話]]
*[[ジャン・アンリ・ファーブル]] - 「[[昆虫記]]」のセミのところでファーブルは「アリとセミの寓話は実際の習性から遠いことこの上ない、そもそもセミは冬まで生きているような虫ではないということからしても寓話の作者は実際のセミをろくに知らなかったのではないか」などと述べている。
 
{{イソップ寓話}}
匿名利用者