「伏見街道」の版間の差分

大津街道のほうを大津街道に分割提案
(大津街道のほうを大津街道に分割提案)
{{記事分割|大津街道}}
 
'''伏見街道'''(ふしみかいどう)は、
#[[豊臣秀吉]]が[[伏見]]と[[京都]]([[五条通|五条]])の間に造った街道。[[東福寺]]、[[伏見稲荷大社]]の前を通り、墨染の交差点で西に折れ、再び南に折れたあと伏見[[撞木町]]の前を通り、[[国道24号]]と交差し、[[京町通]]につながり伏見に到る。[[京街道|大坂街道]]および[[奈良街道|大和街道]]の一部。[[東山区]]の間は、[[本町通 (京都)|本町通]]とも言う。[[東福寺]]、[[伏見稲荷大社]]の前を通り、伏見に到る。約1km西を[[竹田街道]]が並行している。現在、[[京阪本線]]が並行している。
#[[大津宿]]と[[伏見宿 (京街道)|伏見宿]]を結ぶ街道。'''大津街道'''とも。
 
784

回編集