「失はれた地平線」の版間の差分

編集の要約なし
原作は発表当時、社会現象になり長期にわたり売上1位となった。理想郷を表す「[[シャングリラ]]」が初めて使われた作品として有名。とりわけ[[フランクリン・ルーズベルト|ルーズベルト大統領]]が愛読し、大統領専用の[[キャンプ・デービッド|公設別荘]]をシャングリラと名付けたほどである。
 
==原作との違い==
原作との大きな違いは、羅珍(Lo-Tsen)が存在せずその代わりの役としてソンドラが登場する。*冒頭で主人公たちが飛行機で逃亡しようとする街パスクルが、アフガニスタンから中国に変更されている。また結末も大きく異なっている。
*コンウェイの副官が弟になっている。
*羅珍(Lo-Tsen)の代わりの役としてマリアが登場。
*コンウェイの相手役としてソンドラが登場する。
*結末が大きく異なっている。
 
== ストーリー ==
22,494

回編集