「オカミミガイ科」の版間の差分

編集の要約なし
*{{sname||Trimusculinae}} J. Q. Burch, 1945<br/>ユキカラマツガイ亜科
|英名=Marsh snail, Ear snail}}
'''オカミミガイ科'''(陸耳貝科)、学名 Ellobiidae は、[[海岸]]周辺や陸域に生息する[[巻貝]]のグループである。分類上は[[有肺類]]に分類され、[[モノアラガイ]]、[[カラマツガイ]]、[[ドロアワモチ]]、[[カタツムリ]]などに近縁である。大部分は殻を持つが、一部の種は無殻で[[ウミウシ]]状
 
科の学名 Ellobiidae はタイプ属 {{snamei||Ellobium}} に[[国際動物命名規約|命名規約]]上で科を表す語尾「-idae」を付したもので、元になった属名 ''Ellobium'' は古代ギリシャ語の({{Lang|grc|[[wiktionary:ἐλλόβιον|ἐλλόβιον]]}}, {{ラテン翻字|grc|ellobion}})([[耳たぶ]]、[[イヤリング]]などの意)に由来する<ref name=Emerson,1976/><ref name=Williams,2005/>。[[和名]]も歯が突き出た子などが[[耳]]を思わせること殻口の形状由来するが<ref name="黒住"/>、全く系統の異なる海産の[[ミミガイ科]]([[アワビ]]類)に対し、本科は陸域近くに生息するためにオカ(陸)が付けられた。英語でのオカミミガイ科の総称は "Marsh snail(s)"(湿地の巻貝)で、"Ear snail"(耳形の巻貝)とする表現も見られる<ref name="波部・小菅"/>。
 
==形態==
280

回編集