「島津綱貴」の版間の差分

m
編集の要約なし
(リンク切れ)
m
| 父母 = 父:[[島津綱久]]、母:[[松平定頼]]娘・眞修院殿
| 兄弟 = '''綱貴'''、[[酒井忠隆]]正室、六七、[[島津久季|久季]]、<br/>[[鳥居忠英]]正室
| 妻 = 正室:'''[[松平信平]]娘・米姫'''<br/>継室:'''[[上杉綱憲]]養女・鶴姫'''([[吉良義央]]娘)<ref group="注釈">[[延宝]]8年([[1680年]])離縁。</ref><br/>側室:お豊の方(家臣[[江田国重]]娘)<ref>{{refnest|group="注釈"|亀姫の生母で、鶴姫離縁後は対外的に「継室」と称された。参考:<ref>「薩藩旧記雑録 追録」「島津家列朝制度」など。</ref>。}}
| 子 = '''[[島津吉貴|吉貴]]'''、菊次郎、[[島津久儔|久儔]](三男)、[[島津忠直 (島津綱貴の子)|忠直]]、<br/>[[島津久方 (島津綱貴の子)|久方]]<ref group="注釈">後の[[島津重豪]](改名前)と同名の別人。</ref>(五男)、[[禰寝清純]]、<br/>[[島津久東|久東]](七男)、鍋保丸、[[島津久福 (島津綱貴の子)|久福]](九男)、亀姫([[近衛家久]]室)、<br/>栄([[松平定英]]正室)、[[島津久智]]室、<br/>[[町田久儔]]室、[[桂久音]]室
| 特記事項 =
}}
 
== 生涯 ==
[[慶安]]3年([[1650年]])10月、2代藩主・[[島津光久]]の嫡男である[[島津綱久]]の子として誕生。初名は'''延久'''(のぶひさ)。[[寛文]]7年([[1667年]])12月25日、父同様、4代[[征夷大将軍|将軍]]・[[徳川家綱]]より、「松平」の名字と[[偏諱]]を与えられ、'''綱貴'''(「松平修理大夫綱貴」)に改名<ref>{{refnest|村川浩平「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』146~149頁<ref group="注釈">父と同名を避けるため2文字目も「久」ではなく[[島津貴久]]の偏諱である「貴」に変えたものと思われる。</ref>。}}。[[延宝]]元年([[1673年]])、父・綱久が42歳で早世したため、祖父の光久から後継者に指名された。[[貞享]]4年([[1687年]])7月、光久が隠居したため、家督を継ぐ。
 
家督継承後、薩摩藩は大洪水や大火などの災禍が相次ぎ、治世は多難を極めた。そのうえ、幕命による[[寛永寺]]本堂造営の普請手伝い、金銀採掘の手伝いなどを命じられ、薩摩藩の財政は逼迫した<ref group="注釈">ちなみに、この時の普請の奉行は[[禰寝清雄]]、副奉行はその婿で綱貴の叔父・[[島津久明]]が勤める。</ref>。
 
このように藩政は緊張をはらんだ物であったが、諸大名に辛辣な評価をしたことで知られる史料『[[土芥寇讎記]]』では数少ない「今の泰平の世における善将」<ref>[[中嶋繁雄]] 『名君・暗君 江戸のお殿様(平凡社)』 ISBN 978-4-582-85355-1 37頁。</ref>「領民や藩士から慕われる殿様」として紹介されている。
 
== 脚注 ==
{{reflist脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
<references group="注釈" />
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
{{島津氏歴代当主||第20代|1687年 - 1704年}}