「オーストリア公国」の版間の差分

m
編集の要約なし
(記事の整理)
m
前身は[[オーストリア辺境伯領]]、さらに[[オストマルク東方辺境伯|オストマルク東方辺境伯領]]が最初の起源である。神聖ローマ帝国の南東辺境部の[[領邦]]ではあるが、帝国内でも重要な地域で、のちにハプスブルク家当主が[[神聖ローマ皇帝]]を世襲した。
 
1359年に[[ルドルフ4世 (オーストリア公)|ルドルフ4世]]は[[オーストリア大公]]を僭称した。皇帝に即位した[[フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ3世]](オーストリア領主としてはフリードリヒ5世)が[[1457年]]に帝国法によってこれを正式の[[称号]]として定め、以後はその領国もオーストリア大公国を称するようになった。
 
== 歴史 ==
* [[1363年]]、ルドルフ4世が[[チロル]]伯領を獲得する。
* [[1386年]]、[[レオポルト3世 (オーストリア公)|レオポルト3世]]がゼンパッハの戦いで戦死、スイスのハプスブルク家旧領を完全に失う。
* [[1438年]]、[[アルブレヒト2世 (神聖ローマ皇帝)|アルブレヒト2世]](オーストリア公としてはアルブレヒト5世)がドイツ王に即位し、ハプスブルク家による神聖ローマ帝国君主位の[[世襲]]が始まる。
* [[1457年]]、神聖ローマ皇帝[[フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ3世]](オーストリア公としてはフリードリヒ5世)がオーストリア大公の称号を正式のものとする。
 
167

回編集