「桜花 (航空機)」の版間の差分

m
→‎九州沖航空戦: 誤字の修正
(出典つきで加筆)
m (→‎九州沖航空戦: 誤字の修正)
3月21日までに、通常攻撃と特攻により、[[第58任務部隊]]にかなりの損害を与えていると判断していた第5航空艦隊は{{#tag:ref|実際に空母フランクリンとワスプを大破させ、イントレピッドやエンタープライズやエセックスにも損傷を与えていた|group="注釈"}}、偵察機が発見した機動部隊に直援機が見られなかった事より、損傷艦と誤認しトドメをさす好機到来と判断し、桜花部隊の出動を決めた。
 
しかし、3月18日には164機もあった5航艦の戦闘機も、3日にる九州沖航空戦の激戦で損失や損傷や故障が相次ぎ、桜花部隊の護衛の戦闘機は神雷部隊で32機、203空からの応援が23機で合計55機しか準備できなかった。<ref>山岡荘八『小説 太平洋戦争(5)』講談社 P.283</ref>それを知った神雷部隊司令[[岡村基春]]大佐は、援護の戦闘機が少ないことと目標が遠距離であることから中止を5航艦司令部に上申した。5航艦長官[[宇垣纏]]中将は「今の状況で使わなければ使うときがないよ」と言って断行した。当時得られた情報では計画通りの目標であったためである<ref>加藤浩『神雷部隊始末記』p201 - 202</ref>。
 
桜花出撃中止を宇垣中将に上申したのは岡村大佐ではなく、5航艦参謀長[[横井俊之]]大佐であったという証言もある。横井大佐は[[第一航空戦隊|第1航空戦隊]]参謀や[[横浜海軍航空隊]]司令などを歴任した海軍航空の専門家で、[[マリアナ沖海戦]]では空母[[飛鷹 (空母)|飛鷹]][[艦長]]として参加し、アメリカ軍の防空能力を熟知していた。<ref>木俣滋郎『桜花特攻隊』光人社NF文庫 P.100</ref>出撃の命令が出た後に、横井参謀長より護衛機が55機と聞かされた岡村司令が「参謀長、もっと戦闘機を出せませんか?」と食って掛かると、<ref>中島正 猪口力平『神風特別攻撃隊の記録』P.144</ref>作戦の困難さを十分理解していた横井参謀長は「岡村大佐が55機で不安であれば、出撃を中止せざるを得ないと思われます。」と宇垣中将に出撃中止を進言したが、宇垣中将は岡村大佐の肩に手を置くと、諭すように一語一句ゆっくりとした口調で「この状況下で、もしも、使えないものならば、桜花は使う時がない、と思うが、どうかね」と言い、岡村大佐は「ハッ、やります」と決然と云って挙手をすると、サッと作戦室を後にしたという。<ref>山岡荘八『小説 太平洋戦争(5)』講談社 P.286</ref>岡村大佐はこの出撃を待ち受けてる悲惨な状況に、危険性が高い任務には指揮官が先頭に立たねばならないと考え、野中少佐に「今日は俺が行く」と言ったが、<ref>デニス・ウォーナー『ドキュメント神風下巻』時事通信社 P.6</ref>野中少佐は「お断りします。司令、そんなに私が信用できませんか!今日だけはいくら司令のお言葉でも、ごめんこうむります」と言葉を荒らげて拒否している。<ref>中島正 猪口力平『神風特別攻撃隊の記録』P.145</ref><ref>菅原完『知られざる太平洋戦争秘話』P.223</ref>野中少佐の人柄より、{{#tag:ref|5航艦付[[中島正]]少佐によれば「猛虎のような男」<ref>中島正 猪口力平『神風特別攻撃隊の記録』P.145</ref>|group="注釈"}} 一度言った事は絶対に撤回しないと岡村大佐は熟知していた為、そのまま出撃は野中少佐に譲ったが、後年に、この時を回顧する度に岡村大佐の目は涙でいっぱいだったという。<ref>山岡荘八『小説 太平洋戦争(5)』講談社 P.290</ref>
4,219

回編集