「千田啓介」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|選出方法 =
}}
'''千田 啓介''' (せんだ けいすけ、[[1943年]][[6月28日]] - )は、[[愛媛県]]出身の元[[プロ野球選手]]([[遊撃内野手]])。
 
== 経歴 ==
[[愛媛県立松山商業高等学校|松山商]]では[[1961年]]、3年の時に[[三塁手]]として、2年生エース[[山下律夫]]を擁し[[第43回全国高等学校野球選手権大会|夏の甲子園]]に出場。2回戦で[[報徳学園中学校・高等学校|報徳学園]]に敗れる。
 
[[1962年]]に[[読売ジャイアンツ]]へ入団。[[1966年]]から一軍に定着し、[[黒江透修]]の控えではあったが、[[遊撃手]]、[[二塁手]]としての役割を果たす30試合に先発出場[[1970]]に[[川藤龍之輔福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]との交換トレードで[[千葉ロッテマ1966年の日本シリーズ|ロッテオ日本シオンズ]]へ移籍。[[広瀬宰]]とレギュラー遊撃手を争い、同年1162試合に出場してリーグ優勝に貢献した。[[1971年]]は打撃不振に陥り広瀬に定位置を譲るが翌年に第4戦で復活。[[1974年]]には[[1974年自身シリルスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]出場安打果たすが、[[飯塚佳寛]]の台頭により出場機会が段々と減り、[[1978年]]限りで引退放つ
 
その後も準レギュラーとして起用されるが、[[1970年]]に[[川藤龍之輔]]との交換トレードで[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]へ移籍。[[広瀬宰]]とレギュラー遊撃手を争い、同年は116試合に出場してリーグ優勝に貢献した。同年の古巣読売ジャイアンツとの[[1970年の日本シリーズ|日本シリーズ]]では4試合に出場。第1戦、第2戦では遊撃手として先発した。[[1971年]]は打撃不振に陥り広瀬に定位置を譲るが、翌年には復活。[[1974年]]には[[1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]初出場を果たす。同年の[[中日ドラゴンズ]]との[[1974年の日本シリーズ|日本シリーズ]]では5試合に出場、うち3試合に二番打者として起用された。しかし[[飯塚佳寛]]の台頭により出場機会が段々と減り、[[1978年]]限りで引退。
 
引退後はロッテオリオンズの三塁コーチを[[1986年]]まで務めた後に退団。[[マスターズリーグ]]の札幌アンビシャスの選手として参加していた。現在は少年野球チーム「北総ボーイズ」の監督を務めている<ref>{{Cite web|url=http://www.hokusoboys.org/about/staff.html|title=HOKUSOH BOYZ スタッフ紹介|accessdate=2012-05-20}}</ref>。