「稲庭うどん」の版間の差分

m
WP:JPE: でん粉 → デンプン
編集の要約なし
m (WP:JPE: でん粉 → デンプン)
'''稲庭うどん'''(いなにわうどん)は、[[秋田県]]南部の手延べ製法による干し[[うどん]]である。[[日本三大一覧#飲食物|日本三大うどん]]のひとつに数えられる。
 
[[ひやむぎ]]より若干太く、やや黄色味かかった色をしている。打ち粉としてでん粉デンプンを使う点や、乾燥前につぶす事による平べったい形状が特徴。乾麺が一般的に流通しているが、地元および県外のアンテナショップ等では半生麺も入手できる。麺は気泡により中空になっており、そのために食感は滑らか。稲庭うどんについて記述のある「稲庭古今事蹟誌」によると、[[寛文]]年間以前に[[秋田藩]][[稲庭町|稲庭村]]小沢集落(現:秋田県[[湯沢市]][[稲庭町]]字小沢)の佐藤市兵衛によって始まると伝えられている<ref>[http://www.inaniwa-udon.jp/index.htm 秋田県稲庭うどん協同組合]より。</ref><ref>{{wayback|url=http://www.oodate.or.jp/user/shimoda/kaisetsu/Kinaniwa.htm| title=秋田ひとくち知識「稲庭うどん」(秋田物産館)|date=20081211045558}}。</ref>。また、秋田には同じ製法で作った「稲庭そうめん」もある。
 
各地に伝わるふるさとの味として、[[2007年]](平成19年)、農林水産省により「[[農山漁村の郷土料理百選]]」として選ばれた。
277

回編集