「伏見街道」の版間の差分

== 概要 ==
 
京都の五条通([[京都市]][[東山区]])を北の始点とし、鴨川東岸を南下して、伏見(京都市[[伏見区]])の[[京町通 (京都市)|京町通]]につながる街道である。[[豊臣秀吉]]によって開かれたといわれる。江戸時代から、京と港湾都市伏見とをつなぐ通運の道として、そして周辺名所を巡る観光の道として賑わった。また伏見から[[深草]][[藤森神社]]までは西国大名の[[参勤交代]]の道ともなった(「大津街道」参照)。
 
現在では都市間交通の役割を約1km西に並行する[[竹田街道]]などに譲って、地域の生活道路となっており、北側にある[[東山区]]あたりでは、'''[[本町通 (京都市)|本町通]]'''(ほんまちどおり)、南側にある[[伏見区]][[深草]]あたりでは'''[[直違橋通]]'''(すじかいばしどおり)と呼ばれる。
 
また、[[京阪本線]]が並行して走っている。
匿名利用者