「藤原宇合」の版間の差分

経歴セクション(遣唐使節任命に伴う叙位)
(経歴セクション(遣唐使節任命に伴う叙位))
 
== 経歴 ==
[[霊亀]]2年([[716年]])8月に第9次[[遣唐使]]の使節が任命されるが、馬養は遣唐副使に任ぜられ(遣唐押使は[[多治比県守]])、まもなく[[正六位|正六位下]]から二階昇進して[[従五位|従五位下]]に[[叙爵]]する。この時の遣唐大使である[[大伴山守]]の[[位階]]も従五位下であり、大使と副使の位階を同じとすることは珍しく、この[[叙位]]に対して父・[[藤原不比等|不比等]]の政治力が働いていたことが想定される<ref>木本[2013: 33]</ref>。霊亀3年([[717年]])6月~7月ごろ入唐し、10月に[[長安]]に到着する。[[養老]]2年([[718年]])10月に遣唐使節一行は[[九州]]に帰着し<ref>『続日本紀』養老2年10月20日条</ref>、翌養老3年([[719年]])正月に復命を果たす<ref>『続日本紀』養老3年正月10日条</ref>。宇合は遣唐副使の功により[[正五位|正五位下]]から正五位上に昇叙された。なお、遣唐使節としての入唐を通じて、'''馬養'''から'''宇合'''に[[改名]]している。
 
同年7月の[[按察使]]設置時に、[[常陸国司|常陸守]]として[[安房国|安房]]・[[上総国|上総]]・[[下総国|下総]]3国の[[按察使]]に任ぜられる。養老4年([[720年]])8月に父の[[右大臣]]・[[藤原不比等]]が薨じると、翌養老5年([[721年]])正月にその子息である[[藤原四兄弟]]はそれぞれ大幅な加叙を受けるが、宇合は四階進んで[[正四位|正四位上]]に叙せられる。
*時期不詳:[[正六位|正六位下]]
*[[霊亀]]2年([[716年]]) 8月20日:[[遣唐使|遣唐副使]]。8月26日:[[従五位|従五位下]](越階)
*時期不詳[[養老]]2年([[718年]]) 12月25日?:[[正五位|正五位下]]<ref>木本[2013: 35]</ref>
*[[養老]]3年([[719年]]) 正月13日:正五位上。日付不詳:[[常陸国司|常陸国守]]。7月13日:[[安房国|安房]][[上総国|上総]][[下総国|下総]][[按察使]]
*養老5年([[721年]]) 正月5日:[[正四位|正四位上]](越階)
*時期不詳:[[式部省|式部卿]]
*『尊卑分脈 第二篇』[[吉川弘文館]]、1987年
* 土佐朋子「藤原宇合の辺塞詩」『東京医科歯科大学教養部研究紀要』42、2012年
* 金井清一「高橋虫麻呂と藤原宇合」『国文学』23巻5号、[[1978年]]
* 金井清一「藤原宇合年齢考」『万葉詩史の論』[[笠間書院]]、[[1984年]]
* [[木本好信]]「藤原宇合」『藤原式家官人の考察』[[高科書店]]、[[1998年]]
* [[利光三津夫]]「藤原宇合と大和長岡」『法学研究』40巻4号、[[1967年]]
* 木本好信『藤原四子』[[ミネルヴァ書房]]、[[2013年]]
 
==関連項目==