「オイルショック」の版間の差分

m (link)
{{Legend|#00FFFF|[[実質と名目|名目]](当時の金額)}}
]]
日本への影響はあまりなかったものの、[[2004年]]頃から[[2008年]]秋頃にかけて(ピークは2008年)、目立った供給減少を伴わない[[原油価格]]の高騰が続いた。これを'''第3次オイルショック(第3次石油危機)'''と呼ぶ者もいる<ref>[http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090806260030120/ NHK クローズアップ現代 2008年6月25日]</ref>。2008年[[2月]]にはニューヨークの商業取引所の原油先物市場で100[[アメリカ合衆国ドル|米ドル]]/[[バレル]]を突破した。
 
[[2004年]]頃から[[2008年]]秋頃にかけて(ピークは2008年)、目立った供給減少を伴わない[[原油価格]]の高騰が続いた。これを'''第3次オイルショック(第3次石油危機)'''と呼ぶ者もいる<ref>[http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090806260030120/ NHK クローズアップ現代 2008年6月25日]</ref>。2008年[[2月]]にはニューヨークの商業取引所の原油先物市場で100[[アメリカ合衆国ドル|米ドル]]/[[バレル]]を突破した。
 
ピーク時の価格は、第1次・第2次石油危機のピークに比して、名目で3倍を超え、実質でも上回っていた。ただし、第1次・第2次に比べ、価格の上昇速度は緩やかだった。
# [[産油国]]の生産能力の停滞
# [[先物取引]]による投機資金の流入
が挙げられるが、その中で最も大きな理由と指摘されているのは、余剰マネーとしての投機的資金が原油の「現物」や「先物」を買い占めていることである{{要出典|date=2015年1月7日 (水) 11:49 (UTC)}}。世界の金融市場から見ると原油の市場規模は相対的に小さいものであるが、そこに[[サブプライムローン|住宅サブプライムローン]]問題に端を発した米国不景気から投機的資金が原油市場に流れ込めば、「先物」としての原油価格が急騰するのも当然のことである{{要出典|date=2015年1月7日 (水) 11:49 (UTC)}}した
 
当時、原油先物相場が史上最高値を更新し続けていたことなどによる[[原油価格]]高騰を受けて、石油が関係している製品の値上げが相次ぎ、航空機では[[燃油サーチャージ]]の導入で、さらなる原油価格高騰および値上げ幅の上昇を招いた。
が挙げられるが、その中で最も大きな理由と指摘されているのは、余剰マネーとしての投機的資金が原油の「現物」や「先物」を買い占めていることである{{要出典|date=2015年1月7日 (水) 11:49 (UTC)}}。世界の金融市場から見ると原油の市場規模は相対的に小さいものだが、そこに[[サブプライムローン|住宅サブプライムローン]]問題に端を発した米国不景気から投機的資金が原油市場に流れ込めば、「先物」としての原油価格が急騰するのも当然のことである{{要出典|date=2015年1月7日 (水) 11:49 (UTC)}}。
 
原油先物相場が史上最高値を更新し続けているなど、[[原油価格]]高騰を受けて、石油が関係している製品の値上げが相次ぎ、航空機では[[燃油サーチャージ]]の導入で、さらなる原油価格高騰および値上げ幅の上昇を招いた。
 
その後、サブプライム問題が[[世界金融危機 (2007年-)|世界的な景気の後退]]を引き起こし、余剰マネー自体が乏しくなるに至り、2008年[[9月]]下旬頃より僅か2カ月で、原油価格は半分程度にまで大きく落ち込んだ。しかし暫くすると、原油価格は再びゆるやかに回復し、2008年のピークには及ばないものの高値が続いた。
 
== 出典 ==
匿名利用者