「贔屓」の版間の差分

編集の要約なし
中国の伝説によると、贔屓は[[龍]]が生んだ9頭の神獣・[[竜生九子]]<!--(りゅうせいきゅうし)-->のひとつで、その姿は[[カメ|亀]]に似ている。重きを負うことを好むといわれ、そのため古来[[柱|石柱]]や[[石碑]]の土台の装飾に用いられることが多かった。日本の[[諺]]「贔屓の引き倒し」とは、「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、その者のためにはならない」という意味の[[諺]]だが、その由来は、柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
 
「贔屓」を古くは「贔屭」と書いた。「贔」は「貝」が三つで、これは財貨が多くあることを表したもの。「屭」はその「贔」を「[[尸部|尸]]」の下に置いたもので、財貨を多く抱えることを表したものである。「この財貨を多く抱える」が、「大きな荷物を背負う」を経て、「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」などの意味をもつようになった<ref>{{Cite book|和書|author1=鎌田正|author2=米山寅太郎||origdate=1994-4-1|date=1999-4-1|edition=六版|title=新版 漢語林|publisher=大修館書店|page=1049|isbn=4469031070}}</ref>。また「ひき」の音は、中国語で力んだ時のさまを表す[[擬音語]]に由来する。
 
[[明]]代の[[李東陽]](1447–1516)が著した『[[懐麓堂集]]』や、[[楊慎]](1488–1559)が著した『[[升庵外集]]』にその名が見られる。
</gallery>
<!--* [[台湾]]の[[台北市]][[大同区 (台北市)|大同区]]の[[大龍峒保安宮]]では、贔屓が石柱の土台の装飾として使われている。-->
 
==出典 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
29,293

回編集