「分 (角度)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (radによる値を追加。)
m編集の要約なし
|記号=′
|物理量=[[角度]]
|SI= {{gaps|(''{{π}}''/10 |800) |u=rad}} = {{gaps| |290.888 |208 |67 |u=μrad}}
|定義=(1/60)
}}
 
 
== 定義 ==
分は、[[度 (角度)|度]]の六十分の一である<ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%92%50%88%ca%97%df&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04SE357&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 計量単位令] 別表第一、項番八、「分」の欄 「度の六十分の一」とある。</ref>。1度が円弧の360分の1の角度と定義されているので、1分は円弧の21 60021600分の1となり、(''{{π}}''/1010800) 800)[[ラジアン]]である。
 
== 記号 ==
分の単位記号は、唯一、「′」である<ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%92%50%88%ca%8b%4b%91%a5&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04F03801000080&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 計量単位規則] 別表第2 「角度」の欄</ref><ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.&nbsp;36の第6表、「平面角」の欄</ref>。
 
記号は[[プライム]] (&#8242;), (<code>U+2032</code>, <code>&amp;prime;</code>) であり、1分は 1&#8242; または 1''&#39;'' のように書かれる。日本では[[アポストロフィー]] (') で書かれることも多いが、本来は区別すべきである。
 
== 記法 ==
数値と「’」(分)との間にはスペースを挿入しない。これは、[[度 (角度)|度]]や[[秒 (角度)|秒]]の場合も同じである。[[国際単位系]]の規則では、数値と単位(℃や%の場合も含めて)との間にスペースを挿入することになっているが、この度・分・秒の場合は唯一の例外である<ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] 5.3.3 量の値の書式、p.&nbsp;45  . 「この原則における唯一の例外は,平面角を表す単位である度(degree),分(minute),及び秒(second)であり,それぞれの単位記号である°,′,及び″に対しては,数値と単位記号との間に空白を挿入しない.」</ref>。
 
== 使用 ==
分は[[国際単位系]] (SI) の単位ではないが、広く使用されていることからSIと併用しても良い単位([[SI併用単位]])となっている。
 
分および[[秒 (角度)|秒]]は、小さな角度を表すのに便利で、[[天文学]]、[[測量]]、[[航海]]において多用される。伝統的に、地球上での位置、すなわち緯度と[[経度]]は度・分・秒によって表される。これによって地球上でのどんな位置も正確に表すことができる。
 
ただし、[[ISO 31]](JIS (JIS 8202-1)1) では、度のみを用いて、度以下は小数によって値を表示するのが望ましいとしている<ref>[http://kikakurui.com/z8/Z8202-1-2000-01.html JIS 8202-1 : 2000] p.&nbsp;4 , 単位番号1-1.b 1-1.c 1-1.d の「換算率及び備考」の欄による。 「度は,十進法で表示するのが望ましい。例 17°15′とするよりも 17.25°とする。」</ref>。また[[国際単位系]](SI)国際文書でも、[[ISO 31]]を引用して、同じ注意を与えている<ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.&nbsp;36の第6表 注記(b)「ISO 31 は平面角の単位,分及び秒を用いるよりも,十進法による小数点以下の数値を使用して度で表すことを推奨している.」</ref>。
 
度のみを用いた場合、小数点以下4桁まで与えれば、[[度 (角度)|度]]・[[分]]・[[秒 (角度)|秒]]によって表すのとほぼ同じ精度が得られる。
 
地球は1時間で15度回転し、1分間で15分(角度)回転し、1秒間で15[[秒 (角度)|秒]](角度)回転する。[[海里]]の元々の定義は、[[地球]]の[[大円]]上における1分の長さであった。[[GRS80]][[地球楕円体]]面上における、[[緯度]]1分に相当する平均的な[[子午線弧]]長は、およそ1852.22 mである。現在では1海里は正確に1852 &nbsp;mと定義されている。
 
== 注 ==
17,390

回編集