「青木存義」の版間の差分

編集の要約なし
'''青木 存義'''(あおき ながよし、[[1879年]][[8月15日]] - [[1935年]][[4月19日]])は、[[日本]]の[[国文学者]]、[[唱歌]][[作詞家]]、[[小説家]]。
 
[[宮城県]][[宮城郡]][[松島町]]幡谷出身。[[童謡]]『[[どんぐりころころ]]』の作詞者として知られる。宮城県尋常中学校(現在の[[宮城県仙台第一高等学校]])、[[東京大学|東京帝国大学]][[文学部]]卒業。[[東京音楽学校]]教授、文部省図書編集部長、新潟高等学校校長などを歴任。文部省在職中に『どんぐりころころ』などを始め、[[文部省唱歌]]を数多く作りあげた。また青木苫汀の名で『我や人妻』などの小説も書いている。
 
== 作品 ==
=== 唱歌 ===
* 『[[どんぐりころころ]]』 作曲 [[梁田貞]]
* 『山雀太夫[[どんぐりころころ]] 作曲 [[龍太郎]]
* 『山雀太夫』 (作曲:[[弘田龍太郎]])
* 『菊の花』
* 『お池ひごい作曲 [[福井直秋]]:不詳)
* 『我や人妻お池のひごい』(作曲:[[1907年福井直秋]])
=== 小説 ===
* 『我や人妻』(広文堂書店、[[1907年]])
 
{{Normdaten}}
466

回編集