「エンクロージャー」の版間の差分

(密閉型にアコースティック・エアー・サスペンション型について記述(同義語ではない))
: {{仮リンク|パッシブラジエーター型|en|Passive radiator (speaker)}}はバスレフ型のポートの代わりにパッシブラジエーターを用いる形式である。パッシブラジエーターとはサスペンションで支えられた振動板で、振動板がコーン(円錐)形をしている場合はドロンコーンとも呼ばれ、外観からはスピーカーユニットと区別が付かないものもある。動作原理はバスレフ型とほぼ同じ。バスレフ型のポートにはないサスペンションが付いているところが異なるが、通常非常に柔らかいサスペンションとしてバスレフ型と大きく変わらない動作となるようにする(振動板を支持する必要があるのでなくすわけにはいかない)。パッシブラジエーターの振動板を重くするのは簡単なので共鳴周波数を低くしやすいとか、パッシブラジエーターが不要な音漏れを防ぐとか風切り音が出ないなど、実用面での違いがある。パッシブラジエーターには通常、駆動するスピーカーユニットと同等以上の振動板面積が必要である。
:{{-}}
; [[ASW型]](ケルトン型)
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (2x) (enclosure).png|thumb|100px]]
:[[ファイル:Bandpass-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: ASW型はバスレフ型のスピーカーユニット前面を密閉箱もしくはヘルムホルツ共鳴器で塞いだ形式である。中高音は出なくなるので主に[[サブウーファー]]用に用いられる場合がほとんどである
:{{-}}
; [[共鳴管方式]]
匿名利用者