「真ゲッターロボ 世界最後の日」の版間の差分

 
== 登場人物 ==
; ゴウ(號)/早乙女 號
: [[声優|声]] - [[関智一]]
: 本作の主人公。カプセルの中から現れた謎の男。第1話の時点ではほぼ頭部だけの状態で、実質的な登場は第2話から。真ドラゴンの早すぎる覚醒に呼応して出現。搭乗しておらずとも真ゲッターや真ドラゴンを操る。その正体は早乙女博士とミチルの遺伝子を元にして敷島博士によりゲッター線の力で作り出された人造人間で'''早乙女博士の唯一の息子'''。普段は寡黙だが、戦闘時は人が変わったように叫び声を上げる。
: 重量子爆弾阻止時、真ベアー号に乗り、竜馬と隼人と共に迎撃に向かうも失敗。それから13年後、早乙女研究所内で元気ことケイが危機に陥ったことに反応し、13年前と変わらぬ姿で真ゲッター2と共に再び表舞台に姿を現す。以降は元気(ケイ)を守るためにも戦うようになり、ケイと共に真ドラゴンに取り込まれてからは進化し、人間らしい感情を示すようになっていった。邪神ドラゴンの影響で意識不明となるが、ケイのミチルへの祈りを感じ取ったことから、武蔵とミチルの魂を旧ゲッターチームの元に送り出し、必殺技「ストナーサンシャインのことも伝えた。旧ゲッターチームが初代ゲッターチームから真ドラゴンを解放したことで復活。ケイ、ガイと共に第二形態の真ドラゴンを制御し、地球を汚染していたゲッター線を真ドラゴンに全て吸収するが、その影響で自身は絶命してしまう。しかし、宇宙での戦闘で危機に陥ったケイに呼応して再び復活。最終形態へと進化を遂げた真ドラゴンと共に宇宙へ上がり、戦線復帰する。木星決戦の末、旧ゲッターチームから未来を託され、ケイとガイと共に元の宇宙に帰還した。
: 真ゲッター1のパイロットとして竜馬との差別化を図る目的から號は近接戦闘で「ゲッターサイト」を多用するのに対し、竜馬は「ゲッタートマホーク」を多用する。
 
; ケイ(渓)/車 渓/早乙女 元気/早乙女 渓
: 声 - [[日高奈留美]]
: 本作のヒロイン。第一部では'''早乙女 元気'''として登場。16年前の事故で姉ミチルを、更に父である早乙女博士が殺害され、兄とも慕っていた竜馬が犯人として逮捕・連行される悲劇を目の当たりにしてショックにより失語状態に陥る。早乙女博士の意向で男装させられており常に帽子を被っているが髪型はセミロング。事件後は武蔵が養父として養育していたが、重量子爆弾炸裂を目の当たりにして自我が完全に崩壊し過去の記憶を喪失。武蔵に託された元気の正体が「女の子」だと知った弁慶は元気が「早乙女博士の一人息子」としてシェルターに避難した日本人の憎悪を一身に背負うことを避けるため、「自分の娘である'''渓'''」だと素性を偽って養育。周囲には「元気は死に、渓を養女にした」と騙る。
: 本作のヒロイン。第二部から登場。13年前の真ドラゴン爆発で家族を失い、弁慶に保護された後、彼の養女となる。男手一つかつ男所帯な環境で育てられたため、口調も性格も男勝りになっている。弁慶のことは「親父」と呼んでおり、常に親子ンカが絶えないが、親子の絆は確かにあった
: 13年後に調査隊の一員として地上に出た際、インベーダーと真ドラゴン討伐隊の戦闘に巻き込まれ、早乙女研究所でゴウに助けられてからは真ジャガー号のパイロットとなる。早乙女が13年ぶりに姿を現した際、自身が早乙女家の「長男」として育てられた次女・元気だった頃の記憶を完全に取り戻した。仇と憎む早乙女を倒そうとして罠にかかり、助けようとしたゴウと共に真ドラゴンに取り込まれるが、そこでゴウの正体を知り、真ドラゴンから脱出。以降はゴウに恋愛感情を抱くようになる。<ref>しかし遺伝子的には実の兄妹であり、「肉親としての親近感」ともとれる程に描写的には微妙。</ref>消失した真ドラゴンの行方を追い、仲間たちと各地を転戦。太平洋の戦闘で意識不明となったゴウの看病の為、ガイと共に真ゲッターを降り、弁慶たち旧ゲッターチームの戦いを見守る。ビィートT23を駆ってガニメデ衝突阻止の戦いに参加し、弾切れとなった際にインベーダーに捕まってしまうも、復活したゴウの駆る真ドラゴンに助けられ、ガイと共に真ドラゴンに乗り込み、木星決戦を展開した。
: 真ゲッター2、真ライガー、ビィートT23を操縦。
: モデルは漫画版『[[ゲッターロボ號]]』に登場する南風渓。
; ガイ(剴)
: 声 - [[松本保典]]
: ゲッターロボのメカニックの息子。第二部から登場。日本崩壊から13年後、弁慶らと共に地下の日本政府の命令で地上調査に派遣された若者の一人で弁慶のことは'''大将'''と慕う。気は優しく争いを好まないが、一度キレると手がつけられない。ケイに好意を寄せているが、ケイの気持ちを知ってからはゴウに遠慮することが多かった。真ゲッター加入当初は真ゲッターの整備を行っていたが、を負った弁慶に替わって、ゴウの指示により真ベアー号に乗り込む。初陣では半ばやけっぱちで操縦した為、合体も上手くいかなかったが、ゴウの導きにより克服した。ケイとガイが真ドラゴン内部に取り残された際には弁慶と共に早乙女研究所に乗り込んだ。転戦の後、ゴウが意識不明となった際には、真ベアー号を弁慶に返す形で降りる。タワー脱出時は脱出ブロックを操縦した。ケイと共にビィートT23でガニメデ衝突阻止に参加。ケイ同様にインベーダーに捕らわれるが、ゴウに救出され、真ドラゴンに乗り込む。
: ビィートT23、真ゲッター3、真ポセイドンを操縦。
; 流 竜馬(ながれ りょうま)
: 声 - [[石川英郎]]
: 早乙女博士殺害事件の犯人として冤罪で投獄されていたA級囚人。死んだ筈の早乙女が生き返って反乱を起こした際、皮肉にも「殺したとされた男を改めて殺す」ため、早乙女を抹殺することを条件に仮釈放され「A級刑務所での地獄」の恨みを晴らすべく、自身の人生を狂わせた早乙女と真犯人と目される隼人への復讐を開始。ゲッターチームのリーダーかつ最強の男として抜群の戦闘技術を誇り、旧型扱いされていたゲッター1を1人で操縦し、ゲッターロボGの大群を圧倒。真ドラゴンの脅威を知るやゲッター炉心の自爆に巻き込み破壊を図ろうとする等、早乙女博士曰く「危険な男。だが、それだけに行動は手に取るようにわかる」と評される。早乙女博士と隼人の計画と真意についてなにも知らされず、一人だけ茅の外に置かれた。
: 重量子爆弾崩壊に巻き込まれ行方不明となっていたが、ゲッター線の導きにより、13年後の世界にタイムスリップ。月施設に放棄されで擱座したゲッターロボ1のコクピットで目を覚ました後、ブラックゲッターで修理・改修を施して地球に帰還し、インベーダーとの戦いを再開。隼人と和解を果たし、彼に渡された銃を返却。旧ゲッターチーム復活による真ゲッターで早乙女博士との戦いにも決着を付けた。木星決戦の末、隼人と弁慶と共に新たなる戦いに赴く。なお、ガイからは「伝説の男」と称された。
: ゲッター1、ブラックゲッター、真ゲッター1を操縦。なおブラックゲッターは意図して黒く塗ったわけでなく、大気圏突入時に焦げて変色したことによる
; 神 隼人(じん はやと)
: 声 - [[内田直哉]]
: 早乙女博士殺しの張本人。計画のためとはいえ、竜馬に罪を着せたことを悔いており、3年後に竜馬と再会した際「全ての問題が片付いた後、俺を撃て」と自身の銃を竜馬に渡した。
: 事の発端はゲッターライガー合体実験の失敗時に早乙女ミチルが死亡。事故後にミチルがインベーダーに寄生されていた事が判明。ゲッターロボGの共同開発研究者であるコーウェン、スティンガーの裏切りとインベーダー寄生を察知した早乙女は隼人に計画の全容を明かし、二人の目を欺くため自身の死を演出。(結果的に竜馬が冤罪で逮捕される)その実、人類救済の切り札となる真ゲッターロボおよび真ドラゴン建造とパイロット養成に着手する。敷島博士の協力で亡くなったミチルの遺伝子でガイを。そのパートナーとして竜馬、隼人の遺伝子をベースに人造人間を産む筈が失敗し、闘争本能に特化した怪物と化す。真ドラゴンの早すぎる覚醒に慌て、早乙女博士も死亡。早乙女の計画に荷担した事を悔いた隼人は竜馬にも真相を明かさず、人類救済に命を賭す覚悟を決める。
: 重量子爆弾破壊に失敗した後、真ドラゴンの炉心解体のための討伐隊の指揮官となり、13年間にも渡る戦いにおいて、顔には無数の傷が付いた。真ドラゴン破壊のため、タワーで特攻をかけた後、隼人救出のため敢えて分離した竜馬たちの計らいでゲッタジャガに乗り込む。以降は指揮権をヤマザキに託して真ゲッターのパイロットに専念した。
: ゲッター2、真ゲッター2、タワーを操縦。
; 巴 武蔵(ともえ むさし)
: 声 - [[辻親八]]
: 日本軍少佐。ゲッターチームの解散後、日本軍に所属。子供好きということもあって姉と父を失った早乙女元気の保護者にもなっていた。弁慶と共に謎の積み荷の運搬任務を命じられたことから事件に巻き込まれる。元気を弁慶に託して戦いに赴き竜馬と合流。早乙女研究所での戦闘で早乙女博士を保護し、彼から謝罪されると同時に計画を知らされるが、その直後にインベーダーにコクピットを破壊されて戦死した。
: 擱座したゲッター3は早乙女研究所の地下に姿を止めており、13年後にその姿を見て武蔵の戦死を知った弁慶は形見の帽子は弁慶に受け継がれ、いだ。弁慶はその帽子のおかげで初代ゲッターチームが仕掛けた幻覚から逸早く脱出することができた。
: ゲッター3を操縦し、必殺技「大雪山おろし」も使用。
; 車 弁慶(くるま べんけい)
: 声 - [[飯塚昭三]]
: 日本軍少佐。武蔵の後輩。ゲッターチーム解散後、武蔵と共に日本軍に所属。謎の積み荷の運搬任務でインベーダーの襲撃で負傷し、日本政府に保護される。武蔵から託された元気を預かり、日本壊滅時には彼を連れて地下シェルターに避難した。
: 13年後、地上の調査員としてケイ、ガイ、吉田、団六と共に派遣された。ケイからは「親父」ガイたちからは「大将」と呼ばれる。ランバートとの戦闘の際にケイの危機に反応したゴウと真ゲッターに助けられ、負傷しながらも真ベアー号のパイロットを務める。戦闘終了後、隼人と再会を果たし、タワーで治療を受けることになり、真ベアー号はガイに委ねられた。インベーダー化した早乙女の復活で隠していたケイの素性を告白。真ドラゴンに取り込まれたケイを救出するために、怪我を押してガイと共に真ベアー号で真ドラゴン内部に突入し、その際に完成しながら秘匿されていたクジラを発見する。真ドラゴン消失後は行方を追うべく新ゲッターチームと共にタワーとは別行動をとる。ニューヨークで竜馬と再会し、ゴウが意識不明になった後は復活を果たした旧ゲッターチームの一員として真ゲッターに乗り込む。
: ビィートT23、真ゲッター3を操縦。武蔵から直々に学んだようで「直伝、大雪山おろし!」と叫んでいる。
; 早乙女(さおとめ)博士
: 声 - [[麦人]]
: 世界最高のゲッター線研究者。宇宙開発のためにゲッター線の研究に取り組んでいたが、3年前、ゲッターロボGのテスト中に愛娘ミチルを失ったことから狂気に陥ったかに見えたが、実際はインベーダーの計画を阻止するために敵も味方も欺き、敢えて人類の敵となってることでゲッターチームを導いていた。(計画の全貌は隼人の項を参照)計画のため、隼人を懐柔して自分を殺させ、ゴウを創り出し、真ゲッターや真ドラゴンを建造するインベーダーの一員としてコーウェンだがスティンガーと合流。初代ゲッターチームの一人としてメタルビースト・ドラゴンを操縦した。最後の戦いでは真ゲッター1のストナーサンシャインで倒される直前計画が大幅自分の体内に寄生してい狂っインベーダーが逃げ出そうしたところ捕らえ悟り竜馬ら武蔵と共後事を託しインベーダーを道連れにして死亡。3年前の事件が元で竜馬からは「ジジイ」と呼ばれようになった
: 第二部ではインベーダーに寄生されて復活を遂げ、元気ことケイを挑発。弁慶と新ゲッターチームを罠にかけるためニューヨークにおびき出す等暗躍する。コーウェン、スティンガーと合流し、初代ゲッターチーム(ゲッターロボ開発チーム)の一人としてメタルビースト・ドラゴンを操縦した。最後の戦いでは真ゲッター1のストナーサンシャインで倒される直前に自分の体内に寄生していたインベーダーが逃げ出そうとしたところを捕らえ、竜馬らに後事を託しインベーダーを道連れにして死亡。3年前の事件が元で竜馬からの敬意を失い「(早乙女の)ジジイ」と呼ばれるようになった。
: 真ゲッター、ゲッタードラゴン、メタルビースト・ドラゴンを操縦。
; 早乙女 ミチル(さおとめ ミチル)
: 声 - [[長沢美樹]]
: 早乙女博士の娘にして元気の姉。かつてゲッターロボのテストパイロットとして研究に協力していたが、ゲッターロボGの合体テスト中、衝突事故で死亡する。実は事故直前に自分の体にインベーダーに寄生していたことに気付き、竜馬と隼人を救うためえて犠牲になった。死後に回収された遺体から早乙女は真相を知り、竜馬と隼人を恨んだように見せかけ、その実インベーダーを撃退するために行動を始めた。非業の死を遂げてしまったミチルであるが、ケイと名を改めた元気を思う気持ちは自身の遺伝子も用いられたゴウに受け継がれた。
; 早乙女 元気(さおとめ げんき)
: 声 - [[日高奈留美]]
: 早乙女博士の娘でミチルの妹。ただし男として育てられており、元ゲッターチーム以外は女だとは知らない。姉と父の死で心を閉ざした後、武蔵に保護された。重量子爆弾の爆発を見たショックで記憶を失いながらも弁慶と共にシェルターへ避難。シェルター内の避難民から「世界を滅ぼした元凶・早乙女の息子」と疑われ襲われかけた際、弁慶が「早乙女の息子ではなく俺の娘だ」と女性であることを明かして難を逃れ、以降は弁慶の娘・ケイとしての人生を送ることとなった。
; コーウェン
: 声 - [[郷里大輔]] / [[三宅健太]]([[第2次スーパーロボット大戦Z|第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇]])
; 敷島(しきしま)博士
: 声 - [[鈴木泰明]]
: ゲッター線を使ったクローン技術博士。第1部から登場。早乙女博士、隼人とはり合の関係でガイとそのパートナーたちの開発・育成に携わる。日本軍と連携し、育成カプセルの移送中に早乙女博士による強奪事件(インベーダーに狙われてだっ為、強引に保護した)が発生する第二部においてはタワーにおける隼人パートナー。言動・行動は狂気を孕んでおり、だ[[マッドサイエンティスト]]。自らの知的好奇心を満たすためならば多少の犠牲はいとず、不穏当発言が多。彼の好奇心は主に真ドラゴンと共鳴するガイに注がれた。タワー特攻に際し最後まで残り、ゲッター線のもたらす未来を知った後、タワーと運命を共にした。
; 古田(ふるた)
: 声 - [[里内信夫]]
: ガイ達と共に、地上の調査に派遣された調査員。眼鏡をかけており、小柄な体格をしている。ガイと共にケイの入浴を覗いた際には2人ともケイからお仕置きされた。
: ビィートT23やクジラを操縦する。
; 団六(だんろく)
: 声 - [[柳沢栄治]]
; シュワルツ
: 声 - [[安井邦彦]]
: タワーのスーパーロボット軍のリーダー的存在でありエース・パイロット。階級は少佐。インベーダーの襲撃で恋人や仲間を失っており、当初はゲッター線で動くゲッターロボとパイロットであるケイ達を忌み嫌っていたが後に仲間として認めていった。
: ステルバーを操縦。
; ランバート
: 声 - [[秋元羊介]]
: シュワルツの同僚。インベーダーとの戦いの最中に自機が擱座しケイたちに命を救われたが、浅間山決戦に駆けつけることに焦り、ビィートT23を奪ってタワーに向かう。結果的に機体にしがみついたケイと弁慶を早乙女研究所跡地に導いた。インベーダーに融合されており弁慶達の前で本性を現し、牙を剥いた。しかし、その場に現れたゴウと真ゲッターによって撃破される。
: ステルバー、ビィートT23を操縦。
; ヤマザキ
: 声 - [[吉岡久仁子]]
1,931

回編集