「アリとキリギリス」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
== 教訓 ==
{{出典の明記|date=2016年5月|section=1}}
この寓話には二つの寓意がある。一つは、キリギリスのように将来の危機への備えを怠ると、その将来が訪れた時に非常に困ることになるので、アリのように将来の危機の事を常に考え、行動し、準備をしておくのが良いというものことである
二つ目は、アリのように夏にせこせことためこんでいる者というのは、餓死寸前の困窮者にさえ助けの手を差し伸べないほど冷酷で独善的なけちであるのが常だ、というものである。
 
== 脚注 ==
匿名利用者