「臨済義玄」の版間の差分

当初、[[経論]]を学ぶも満ち足りず、[[禅宗]]へ転向して[[黄檗希運]]に師事し、いわゆる'''[[黄檗希運#黄蘗三打|黄蘗三打]]'''の機縁で[[大悟]]した。
 
その後[[河北省]]の有力軍閥である成徳府[[節度使]][[{{仮リンク|王紹懿]]([[:|zh:|王紹懿|中文]]、[[:en:|Wang Shaoyi|English]]、}}(禅録では王常侍)の帰依を受け、[[正定県|真定府]]の[[臨済寺 (河北省)|臨済院]]に住み、[[興化存奬]]を初めとする多くの弟子を育て、北地に一大教線を張り、その門流は後に臨済宗と呼ばれるようになった。
 
その宗風は[[馬祖道一]]に始まる[[洪州宗]]の禅風を究極まで推し進め、中国禅の頂点を極めた。その家風は「'''喝'''」(怒鳴ること)を多用する峻烈な禅風であり、[[徳山宣鑑|徳山]]の「'''棒'''」とならび称され、その激しさから「'''臨済将軍'''」とも喩えられた。
匿名利用者