「ドリュアス」の版間の差分

編集の要約なし
(一部を変更。)
'''ドリュアス'''({{lang-grc-short|'''Δρυάς''', ''Dryas''}})は、[[ギリシア神話]]に登場する、[[木]]の[[精霊]]である[[ニュンペー|ニュムペー]]。複数形は'''ドリュアデス'''({{lang-grc-short|'''Δρυάδες''', ''Dryades''}})。ほぼ同一の存在に'''[[ハマドリュアス]]'''(複数形'''ハマドリュアデス''')がある。
 
[[英語]]では'''ドライアド''' (''Dryad'') 、[[フランス語]]では'''ドリアード''' (''DryadDryade'') といい、日本ではこちらの読みでもよく知られる。[[ヒンドゥー教]]などに登場する木の精霊もギリシア神話のニンフの名を借りてこう呼ぶことがある。
 
多くのニンフと同じく長命であるが、ドリュアスたち(ドリュアデス)の場合、自らの宿る木が枯れると共にその命を閉じる。このためドリュアスたちやギリシアの神々は木の精霊に敬意を払うことなく木を傷つける人間をこらしめるのである。
67

回編集