「ジャンクDNA」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジャンクDNA'''(Junk DNA)とは、[[染色体]]あるいは[[ゲノム]]における機能がまったく特定されていないような[[DNA]]の領域のこと。日本の生物学者[[大野乾]]が命名。しかし、分子生物学というのはまだ非常に若い学問であり、特に、このような機能の認められていないDNAの領域も、まだ発見されていないような手順で機能しているのかもしれない、という観点から、'''ジャンク'''という言葉は呼び誤りであると認識されている。実際、[[2005年]]現在、新しい研究において、ジャンクDNAがまだ確認されていない機能を果たしているかもしれない、ということが示されている(追記参照)。
 
ほとんどの[[動物|動]][[植物]]のゲノムにおいては、DNAのほとんどの部分において生物学的な役割が分かっていない。生物学者は、[[遺伝子]]がコード化している[[蛋白質]]に関する情報が不完全な時でも、その遺伝子の存在する[[染色体]]の領域を[[オープンリーディングフレーム]](Open Reading Frame; ORF、実際にアミノ酸配列として翻訳される領域のこと)として識別することが可能であり、また、ゲノムを扱う科学者は、このような領域がどのように機能するか知らないときでも、それが重要であると仮定することが合理的であると認識している。また、非蛋白質コード領域の'''DNA配列'''も重要なことが知られている。この中には、[[DNA複製]]の開始点として定義される'''複製起点'''、あるいは'''プロモーター'''、'''エンハンサー'''、'''サイレンサー'''といった遺伝子の発現を制御する塩基配列の領域が含まれている。
匿名利用者