「ゼロ・モーターサイクルズ」の版間の差分

編集の要約なし
2013年にはSとDSが完全に再設計された<ref>{{Cite web|title = Ride Review: 2013 Zero S Electric Motorcycle|url = http://www.plugincars.com/2013-zero-s-electric-motorcycle-weekend-ride-review-127780.html|accessdate = 2017-09-03}}</ref>。バッテリーの容量は11.4kWhまで増大し、新しいブラシレスパーマネントACモーターも紹介された。同年にはFXというモジュラー式の取り外し可能な電源ユニットを搭載したデュアルパーパスモデルも生産された。[[チャデモ]]のはじめての充電を2013年モデルで利用している<ref>{{Cite web|title = 2013 Zero Motorcycles lineup goes faster and farther, charges with CHAdeMO|url = http://www.autoblog.com/2012/10/03/2013-zero-motorcycles-lineup-faster-farther-chademo/|website = Autoblog|accessdate = 2017-09-03|first = Domenick|last = Yoney}}</ref><ref>{{Cite web|title = 2013 Zero S Bike Gets CHAdeMO Charging - Photo Gallery|url = http://www.autoevolution.com/news/2013-zero-s-bike-gets-chademo-charging-photo-gallery-50123.html|accessdate = 2017-09-03|first = Florin|last = Tibu}}</ref><ref>{{Cite web|title = 2013 Zero Motorcycles Double HP, Fast Charge - Motorcycle USA|url = http://www.motorcycle-usa.com/2012/10/article/2013-zero-motorcycles-double-hp-fast-charge/|accessdate = 2017-09-03}}</ref>。
 
2014年にはオプションの2.8kWhパワータンクを利用し始めた<ref>http://www.zeromotorcycles.com/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=203</ref><ref>{{Cite web|title = Zero Motorcycles reveals 2014 lineup with SR variant, Power Tank range extender [w/videos]|url = http://www.autoblog.com/2013/11/06/zero-motorcycles-2014-lineup-power-tank-official-video/|website = Autoblog|accessdate = 20152017-09-0103|first = Domenick|last = Yoney}}</ref><ref>{{Cite web|title = 2014 Zero S|url = http://www.topspeed.com/motorcycles/motorcycle-reviews/zero-motorcycles/2014-zero-s-ar161212.html|website = Top Speed|accessdate = 2017-09-03}}</ref>。 2014年もまた高温磁石のモーターや強力な電動式のコントローラーを合体させたSの高性能バージョンで航続距離を伸ばしたSRも追加された<ref>http://www.cycleworld.com/2013/11/11/2014-zero-sr-first-look-review-photos/</ref>。
 
2015年モデルはバッテリーパックのサイズが12.5kWhに増大し、オプションのパワータンクを含め15.3kWhのバッテリーの最大容量が可能となった。また、2015年に生産したモデルは[[アンチロック・ブレーキ・システム|ABS]]と[[ショーワ]]のサスペンションが標準装備となった。チャデモのはじめての充電はオプションを除いた。その代わりとして付可費用として付属品の任意の急速充電器を取り除いている。
5,611

回編集