メインメニューを開く

差分

東京出店について追記しました。
 
== 発祥と普及 ==
[[ファイル:Misen-yaba.taiwanra-men.jpg|サムネイル|味仙 矢場店の台湾ラーメン|198x198ピクセル]]1970年代に、名古屋市[[千種区]][[今池 (名古屋市)|今池]]にある台湾料理店「[[味仙]]」(みせん)の台湾人店主である郭明優が、[[台南市|台南]]名物の[[担仔麺]](担通麺、タンツーメン)を元に[[賄い料理]]として作ったのが起源とされる<ref name="misen">[http://www.misen.ne.jp/ganso/ 元祖“台湾 ラーメン”の店](味仙公式サイト)<br />[http://allabout.co.jp/gm/gc/66378/ 台湾にはない台湾ラーメンは名古屋生まれ](All About、2006年8月8日、執筆: 大竹敏之)</ref>。
 
郭明優は1970年代半ばの時、友人と一緒に故郷の台湾に旅行で行き、台湾で担仔麺を食べて、日本に帰った後に、友人から台湾で食べた担仔麺を日本でも食べたいから作ってくれという事で、色々研究して担仔麺を作ろうとしたがなかなかうまくいかず、郭明優自身が辛い食べ物が好きという理由でトウガラシやニンニクなどを炒めたりアレンジを加え、混ぜてみたりして従業員のための賄い料理として振る舞っていた。郭明優の友人でもある店の常連客が、ピリ辛の担仔麺の賄い料理を見て美味そうだから作ってくれと頼まれて作ってあげたところ、美味いからメニューに加えた方が良いと説得され、店に出す事になった。「台湾ラーメン」の名前の由来は、店に出す際に郭明優がネーミングをどうしようかと考えた時、故郷の台湾で担仔麺を食べて、担仔麺を日本で作ろうとした事から、台湾の麺料理の繋がりにより、命名したという。担仔麺を名古屋人の好みに合わせて味付けを辛くしたものであり、1年近くの試行錯誤の研究の末完成したという<ref>{{Cite web|url=index.html|title=台湾には存在しない愛知県名古屋発の「台湾ラーメン」はどこから来たのか?|accessdate=2017-6-10|publisher=マイナビニュース}}</ref>。
 
その後、台湾ラーメンは周辺の飲食店にも影響を及ぼすようになった。例えば、[[名古屋大学]][[生活協同組合|生協]]の学生食堂や[[トヨタ自動車]]の社員食堂などでは、レギュラーメニューとして取り扱っており固定ファンが多い。現在では、名古屋市内の中華料理店のおよそ7割がメニューに置いている台湾ラーメンは、既に名古屋のご当地ラーメンの一つになっていると言える<ref name="misen" /><ref name="taberu">[http://www.nagoya-info.jp/gourmet/taiwan.html 台湾ラーメン | 食べる | 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ] 公益財団法人 名古屋観光コンベンションビューロー</ref>。しかし、[[東海三県]]とその周辺<ref group="注" name="area">[[遠州]]地方など</ref>以外の地方では台湾ラーメンを取り扱う店舗は殆どなく、[[大阪府]]などの一部の地方で若干取り扱っている店を目にする程度で、日本中で広く認知されているとは言えない状況である。
 
郭明優は弟妹が4人おり、のれん分けにより名古屋市内で知られるようになった。2016年には[[東京]]・[[神田駅]]近くにも系列店を出店し、首都圏でも知られるようになりつつある<ref>[http://www.sankei.com/region/news/170828/rgn1708280053-n1.html 名古屋味噌あじ 甘いコクとまろやかさで首都圏進出]『[[産経新聞]]』朝刊2017年8月28日(東京面)</ref>。
 
非常に辛いため、辛さが苦手な人にも配慮し、アメリカン・コーヒーと同じく辛さを薄くした「アメリカン」も味仙では存在する<ref>{{Cite web|url=http://nikkan-spa.jp/100494|title=「台湾ラーメン」初心者は“アメリカン”で舌を慣らせ!|publisher=日刊SPA!|date=2011-12-02|accessdate=2016-11-06|language=日本語}}</ref>。反対に辛さを増した「イタリアン」を提供する味仙の支店もある。
5,359

回編集