「保証」の版間の差分

m
** 保証人が1人の場合を単独保証というのに対し、保証人が2人以上いる保証の形態を'''共同保証'''という。保証人間に連帯のない通常の共同保証では、各保証人は債権者に対して均等に分割された保証債務の部分についてのみ債務を負担するという分別の利益([[b:民法第456条|456条]]・[[b:民法第427条|427条]])が認められる。分別の利益が認められる共同保証の場合、保証人の一人が全額又は自己の負担部分を超える額を弁済したときには民法462条が準用される([[b:民法第465条|465条]]2項・[[b:民法第462条|462条]])。なお、分別の利益は特約で排除される場合がある(後述の保証連帯)。
* 保証連帯
** 共同保証のうち、分別の利益を特約によって排除し、各保証人が債権者に対して債務の全額について責任を負うこととすることとするものを'''保証連帯'''という。保証連帯は分別の利益のない点で連帯保証と似ているが、保証連帯の場合には催告の抗弁権や検索の抗弁権が認められる点で連帯保証とは異なる。保証連帯の場合にも保証人間の内部関係においては、各保証人には負担部分が存在するので、保証人が自己の負担部分を超えて弁済したときには、超過部分について他の保証人に求償することができる([[b:民法第465条|465条]]1項・[[b:民法第442条|442条]])。
 
== 脚注 ==
<references/>