「甘樫丘」の版間の差分

古くは[[日本書紀]]などにも記述が見られ、誓盟の神([[甘樫坐神社]])が鎮座し[[允恭天皇]]の時に[[盟神探湯]](くかたち)が行われた。[[大化の改新]]以前には[[蘇我蝦夷]]と[[蘇我入鹿]]の親子が権勢を示すために丘の麓に邸宅を構えていたという。山腹には明日香村の保全に尽力した[[犬養孝]][[揮毫]]の万葉歌碑([[志貴皇子]](巻1-51))がある。
 
[[2007年]][[2月1日]]、東麓遺跡において7世紀前半から中頃のものと見られる建物跡や石垣を発見したと発表され、[[蘇我氏]]の邸宅跡ではないかと注目されている<ref>[http://www.asukamura.jp/chosa_hokoku/amakashi/chosa.html 甘樫丘東麓遺跡の発掘調査(明日香村)]</ref><ref>[https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2017/01/20170105.html 甘樫丘の穀物倉庫?]</ref>。
 
<gallery>