「有馬氏久」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''有馬 氏久'''('''ありま うじひさ'''、[[元禄]]12年([[1699年]]) - [[明和]]8年[[2月26日 (旧暦)|2月26日]]([[1771年]][[4月10日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]。[[伊勢西条藩]]の第2代藩主。父は[[和歌山藩]]の家臣・[[渡辺泰綱]]。正室は[[堀親賢]]の娘。官位は従五位下。[[備後国|備後守]]。
 
初代藩主・[[有馬氏倫]]の養嗣子となって[[徳川吉宗]]に仕え、[[1735年]]の氏倫の死去により後を継いで藩主となった。[[1740年]]には大番頭となる。[[1758年]]に大番頭を辞し、翌年6月2日に家督を養嗣子の[[有馬氏恒]]に譲って隠居した。1771年2月26日、73歳で死去。法号:賢道。
匿名利用者