「バレーボール日本男子代表」の版間の差分

 
2013年<ref>{{Cite web|url=http://www.jva.or.jp/news/20130601.html|title=FIVBワールドリーグ2013開幕! ゲーリー・サトウ新監督の初陣は黒星|publisher=日本バレーボール協会|date=20013-06-01|accessdate=2014-02-07}}</ref>、ユニフォームが半袖に変わった(戻った)。黒い長袖のアンダーシャツを着用する選手も数名出てきた<ref>[http://www.jva.or.jp/index.php/topics/20160528-1 龍神NIPPON、ベネズエラに勝利し白星スタート! 2016リオデジャネイロオリンピック世界最終予選兼アジア大陸予選大会] - 日本バレーボール協会、2016年5月28日</ref>。
 
サプライヤーのアシックスは、2020年東京五輪に向けて「Star cluster(星団)」をコンセプトに定め、2017年は「Light emission(発光)」をテーマにフラッシュイエローの新色を採用した(他の2パターンは従来通り赤と白で、黒は休止)<ref>[http://assets.asics.com/pr/assets/478/images/170515全日本男子バレーボールユニホームweb_original.pdf 全日本男子バレーボールチームの試合用ユニホームについて] - アシックス、平成29年5月15日</ref>。
 
== 過去の成績 ==
2,771

回編集