「てんとう虫のサンバ」の版間の差分

m (ボットによる: 失効したテンプレートを削除)
「'''てんとう虫のサンバ'''」(てんとうむしのサンバ)は、[[チェリッシュ (歌手グループ)|チェリッシュ]]の楽曲で、7枚目のシングル。[[1973年]][[7月5日]]に発売された。
== 概要 ==
「てんとう虫のサンバ」は、元々は1973年発売のオリジナル・[[アルバム]]『春のロマンス』の収録曲だった。[[高橋隆 (音楽ディレクター)|高橋隆]]ディレクター(元[[ソルティ・シュガー]]のメンバー)が、アルバムに[[森山加代子]]の「[[白い蝶のサンバ]]」のような曲を収録したいと考え、作曲者の[[馬飼野俊一]]のもとに売り込みに来ていた若者の詞を採用し、馬飼野の作曲で制作された<ref>[http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/music/anokoro/09/kiji/K20110912001601640.html 【1973年9月】てんとう虫のサンバ/アルバムの穴埋め曲がラジオから大ヒット] - スポニチ、2011年9月12日</ref>。その後、大阪の[[ABCラジオ]]のディレクターがラジオで流したところリクエストが殺到したため、後にシングルカットされた。高橋ディレクターの認識としてはあくまで捨て曲であったため当初は迷ったものの、会議で全員一致で同意したため、シングルカットを決意したという<ref>[[富澤一誠]]『フォーク名曲事典300曲〜「[[バラが咲いた]]」から「悪女」まで誕生秘話〜』[[ヤマハミュージックメディア]]、2007年、224-225頁。ISBN 978-4-636-82548-0</ref>。累計売上は[[ミリオンセラー]]で<ref>『フォーク名曲事典300曲〜「[[バラが咲いた]]」から「悪女」まで誕生秘話〜』225頁。</ref>、チェリッシュ最大のヒット曲となった<ref>『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』224頁。</ref>。
 
この曲のヒットによりチェリッシュはテレビに頻繁に出演するようになる。また、次回作のシングル「[[白いギター]]」の発売までの間隔が他より短いのは、本作は本来、臨発シングルだったためである<ref>『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』234-235頁。</ref>。
2,771

回編集