メインメニューを開く

差分

HE-AAC

1 バイト除去, 1 年前
m
技術: 誤字の修正
 
== 技術 ==
HE-AAC v1 では、そのレートより若干低いAAC音声データに [[Spectral Band Replication|SBR]] と呼ばれる部分を追加して記録している。 行。工程は、はじめに高周波数部分において、圧縮後の[[サンプリングレート]]で失われる[[周波数]]以上を抜き出す。このとき、エンコード部分に収まる部分との関連性を調べ、SBR部分(44100Hz)の情報として圧縮する。その後、低サンプリングレート(22050Hz)で通常通りAACとして圧縮を行う。 そして、この二つのデータをセットにして記録する。 デコードする時にはまず、AACをデコードした上で、SBRを使い高音域を予測して生成したデータを合成し、再生を行う。
 
低、中周波数部分を記録するAAC部分のサンプリングレートを44100Hzから22050Hzへダウンコンバートさせるためビットレート、容量を減らす事が出来る。
4,219

回編集