「バレーボール日本男子代表」の版間の差分

5個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2)
(5個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2))
[[バレーボールアジア選手権|アジア選手権]]で最多優勝7回を誇る日本男子は、アジアを代表する古豪チームでもある。
 
[[1927年]]に[[日本バレーボール協会|大日本排球協會]]が設立し、[[1951年]]に[[国際バレーボール連盟]]へ加盟<ref>{{Cite web|url=http://www.fivb.org/EN/FIVB/Org_continentalConfAsia.htm|title=Asian Volleyball Confederation (AVC)|publisher=FIVB|accessdate=2010-06-30|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100528025036/http://www.fivb.org/EN/FIVB/Org_continentalConfAsia.htm|archivedate=2010年5月28日|deadurldate=2017年9月}}</ref>。
[[1960年バレーボール世界選手権|1960年世界選手権]](第4回大会)に初出場を果たすと、1960年代から1970年代にかけて世界の強豪国として活躍し、[[東京オリンピックにおけるバレーボール競技|1964年東京オリンピック]]で[[銅メダル]]、[[メキシコシティオリンピックにおけるバレーボール競技|1968年メキシコオリンピック]]で[[銀メダル]]を獲得した。東欧の強豪・東ドイツを破り、[[金メダル]]を獲得した[[ミュンヘンオリンピックにおけるバレーボール競技|1972年ミュンヘンオリンピック]]では、準決勝のブルガリア戦でセットカウント0-2からの逆転劇を演じ、当時「'''ミュンヘンの奇跡'''」と呼ばれた<ref>[httphttps://web.archive.org/web/20130623034255/http://doraku.asahi.com/special/gorin/1972/volleyball.html あのときの五輪〜1972年ミュンヘン大会] - どらくスペシャル</ref><ref>{{Cite web|url=http://www.japantopleague.jp/column/sportstory/sportstory_0108.html|title=「ミュンヘンの奇跡」 バレーボール・南将之|publisher=日本トップリーグ連携機構|date= |accessdate=2010-06-30}}</ref>
<ref>{{Cite web|url=http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/volley/gc/2009/text/200911200011-spnavi.html|title=スーパーエース中垣内、ミュンヘンの奇跡・南将之ら、男子バレー名アタッカー列伝|publisher=スポーツナビ|date= |accessdate=2010-06-30}}</ref>{{Refnest|group="注"|当時、全日本のスターティングメンバーの平均身長は約190cmで、大会最長身だった<ref>{{Cite web|url=http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20120105-OHT1T00227.htm|title=バレー界の巨人・松平康隆さん死去…五輪男子「ミュンヘンの奇跡」で金に導く|publisher=スポーツ報知|date=2012-01-06 |accessdate=2012-01-09}}</ref>。<ref>[http://iyokan.lib.ehime-u.ac.jp/dspace/bitstream/iyokan/727/2/AA11433242_2010_7-04.pdf.txt 愛媛大学教育学部保健体育紀要第7号:31-38,2010 バレーボールワールドカップ2007男子における出場チームの特徴と試合結果に関する一考察]</ref>の考察によると、全日本男子チームの平均身長は、1963年=181.6&nbsp;cm、1968年=187&nbsp;cm、1976年=189.5&nbsp;cm、2007年=192&nbsp;cm。}}。
 
翌年の[[2009年ワールドグランドチャンピオンズカップ]](グラチャンバレー)では[[1977年ワールドカップバレーボール|1977年ワールドカップ]]の銀メダル獲得以来、主要国際大会において32年ぶりとなる銅メダルを獲得したが、金メダルの[[バレーボールブラジル男子代表|ブラジル]]や銀メダルの[[バレーボールキューバ男子代表|キューバ]]にストレート負けを喫するなど課題も残した。[[2010年バレーボール男子世界選手権]]では2次リーグで敗退して前回の8位を下回る13位タイに終わった。翌年の[[2011年バレーボール・ワールドリーグ]]では1勝11敗の15位に終わったが[[福島第一原子力発電所事故]]の影響ですべてアウェーの試合だったことを考慮され、プレーオフ免除で2012年の出場が認められた。[[2011年バレーボール男子アジア選手権]]は5位に終わり、4大会ぶりにメダルを逃した。[[2011年ワールドカップバレーボール]]は開幕5連敗に始まり、[[バレーボールエジプト男子代表|エジプト]]と[[バレーボール中華人民共和国男子代表|中国]]に2勝したのみで過去最低タイの10位に終わり勝つチャンスをミスでフイにしてしまう勝負弱さを露呈した。[[ロンドンオリンピック (2012年) バレーボール世界最終予選|ロンドン五輪最終予選]]では昨年のW杯の惨敗を受けてサーブやブロックの強化を図り、その成果は所々で現れてはいたが大事なところで勝ち点を取りこぼし最終戦直前に[[バレーボールオーストラリア男子代表|オーストラリア]]がアジア枠で出場権を獲得したため、日本の敗退が確定して消化試合となった[[バレーボールイラン男子代表|イラン]]戦もストレート負けに終わった。
 
[[2013年]]より初の外国人監督としてかつてアメリカ代表のコーチを務めた[[ゲーリー・サトウ]]({{USA}})が就任した<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20130218-OYT1T00982.htm?from=main8 バレーボール全日本男子、新監督に初の外国人] 読売新聞 2013年2月18日閲覧</ref><ref>[http://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/p-sp-tp0-130219-0013.html バレー男子初外国人監督 ボーナスも破格(日刊スポーツ) - goo ニュース]</ref>。だが、成績不振のため辞任し[[2014年]]2月5日付で[[南部正司]]が新監督に就任したことが発表された<ref>[http://www.jva.or.jp/news/20140206-1.html 全日本男子チーム監督交代を決定 新監督には南部正司氏が就任 - 日本バレーボール協会 2014年02月06日]</ref>。南部監督は[[2015年]]4月、[[石川祐希]]、[[柳田将洋]]、[[高橋健太郎 (バレーボール)|高橋健太郎]]、[[山内晶大]]の若手4選手を次世代の日本代表のリーダー候補として「NEXT(ネクスト)4」と命名すると発表した<ref>[http://www.nikkansports.com/sports/news/1464692.html 男子バレー石川ら「NEXT4」結成] 日刊スポーツ 2015年4月21日</ref>。彼らをキャラクター化したコメディタッチのミニアニメ『[[ガンバレー部NEXT!]]』も同年、フジテレビで放送された。「NEXT4」らが出場した9月の[[2015年ワールドカップバレーボール|ワールドカップ]]の男子大会は徐々に観客数が増え、顕著には視聴率には直結しなかったものの<ref>[httphttps://web.archive.org/web/20150927032111/http://www.videor.co.jp/data/ratedata/top10.htm VOL.37 2015年9月7日(月) ~ 9月13日(日)] 週間高世帯視聴率番組10(最新) | ビデオリサーチ</ref><ref>[httphttps://web.archive.org/web/20150928004845/http://www.videor.co.jp/data/ratedata/top10.htm VOL.38 2015年9月14日(月) ~ 9月20日(日)] 週間高世帯視聴率番組10(最新) | ビデオリサーチ</ref>中盤からは会場(Aサイト)が連日満員となった<ref>[http://number.bunshun.jp/articles/-/824163 男子バレー代表、まさかの会場満員!?若いエースと爽快な試合が面白い。] - Number Web</ref><ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2015/09/18/post_469/ 「空席」から「完売」へ。石川効果で盛り上がる男子バレー!] - スポルティーバ 公式サイト</ref>。しかし、翌年の2016年6月の[[リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 男子世界最終予選兼アジア予選|リオデジャネイロ五輪最終予選]]では、4敗した5日目の時点で日本の五輪出場の夢が絶たれた。試合中に両エース柳田・石川の負傷発生もあった<ref>[http://www.sankei.com/sports/news/160601/spo1606010031-n1.html 日本、五輪遠のく痛恨の黒星 柳田負傷で石川の負担重く] - 産経ニュース(奥村信哉)、2016年6月1日</ref><ref>[http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00326549.html リオ五輪バレー世界最終予選男子 日本 0 - 3 オーストラリア] - FNN、2014年6月3日</ref><ref>[http://www.nikkansports.com/sports/news/1657309.html 石川「自分が決めないと」右足首痛め途中で退く] - 日刊スポーツ、2016年6月3日</ref>。
 
=== 呼称について ===
* [[北京オリンピックにおけるバレーボール競技|2008年]] - 11位
{{Col-3}}
* [[ロンドンオリンピック (2012年) におけるバレーボール競技|2012年]] - [[ロンドンオリンピック (2012年) バレーボール世界最終予選|最終予選]]敗退<ref>[httphttps://web.archive.org/web/20120606002917/http://worldvolleyball.jp/results/japan/game_m.html 日本の試合結果|2012ロンドンオリンピックバレーボール世界最終予選]</ref>
* [[リオデジャネイロオリンピックにおけるバレーボール競技|2016年]] - [[リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 男子世界最終予選兼アジア予選|最終予選]]敗退
{{Col-end}}