「ファイアストン」の版間の差分

1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2)
(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2))
 
== 軍需産業 ==
[[1951年]]、ファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー(当時)は[[アメリカ陸軍]]から[[MGM-5 (ミサイル)|MGM-5 コーポラル]]の製造契約を受領し、初期生産分の200基の注文に対して合計6,888,796 [[USドル]]の契約金が支払われた。このミサイルは、アメリカ陸軍初の[[弾道ミサイル]]として知られ、[[核弾頭]]を搭載できる地対地誘導ミサイルであった。また、東ヨーロッパでの冷戦対立における有事の際の使用を想定されていた。コーポラル・ミサイルは、[[1962年]]から[[1964年]]にかけて[[MGM-29 (ミサイル)|MGM-29 サージェント]]・ミサイル・システムに置き換えられている<ref>{{cite web | url=http://www.redstone.army.mil/history/systems/corporal/welcome.html | title=CORPORAL | date=2007-05-31 | publisher=レッドストーン兵器廠 | language=英語 | accessdate=2007年6月17日 | archiveurl=https://web.archive.org/web/20070310222630/http://www.redstone.army.mil/history/systems/corporal/welcome.html | archivedate=2007年3月10日 | deadurldate=2017年9月 }}</ref>。
 
== その他 ==