「旧ワサ・ダウン住宅」の版間の差分

竣工年にウィリアム・ダウンが死去したため、妻の名前によりワサ・ダウン住宅として呼ばれるようになった。([[#ワサ・ダウンについて]]を参照)
 
[[1944年]](昭和19年)から[[1975年]](昭和50年)まで[[日本郵船]]の[[船員]][[寮]]東棟として使用され(西棟は現[[みなと異人館]])、このときまでに階段位置の変更など内部に改造が加えられている。日本郵船の寄贈により[[1976年]](昭和51年)に現在地である四国村に移築され、神戸市の指導によって建設当初の姿に復元された。現在は1階を喫茶室「ティールーム 異人館」<ref>[http://www.shikokumura.or.jp/intro/intro_08.html 四国村 |お食事・休憩](2017年9月21日閲覧)</ref><ref>[http://www.shikokumura.or.jp/intro/ijinkan_info.pdf 四国村 |tea room 異人館](2017年9月21日閲覧)</ref>、2階を事務室として活用されている。
 
なお、玄関前の羊飼像とガーデンテーブル・チェアは19世紀に[[ハンプシャー]]のマナーハウスで使用されていたもので、[[ガス灯]]と[[ポスト]]は[[チェルシー (ロンドン)|チェルシー]]で使用されていたもの。
48,240

回編集