「武蔵野線」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 鶴見駅 - 府中本町駅間 ===
[[鶴見駅]]を出ると[[鶴見川]]を渡り、[[東海道貨物線]]と分岐し[[東海道本線]]([[東海道線 (JR東日本)|東海道線]]、[[京浜東北線]])を乗り越えて左へカーブ。[[横須賀線]]線路と並行して北へ進む。右側から[[南武線]]支線(尻手短絡線)が合流すると[[新鶴見信号場]](かつての新鶴見操車場)で、付近には横須賀線[[新川崎駅]]がある。ここまでは武蔵野線と東海道本線支線([[品鶴線]])との重複区間。新鶴見信号場を出ると品鶴線と分かれ、武蔵野線は地下トンネルに入り、カーブして西方向へ向かう。[[武蔵小杉駅]]直下を通り、[[第三京浜道路]]と交差するといったんトンネルを出て[[梶ヶ谷貨物ターミナル駅]]に至る。[[国道246号]](厚木街道)をくぐると再びトンネルに入り北西へ向かい、[[東急田園都市線]][[宮崎台駅]]付近、[[東名高速道路]][[東京料金所]]、川崎国際生田緑地ゴルフ場、[[小田急小田原線]][[生田駅 (神奈川県)|生田駅]]付近、[[日本女子大学|日本女子大学西生田キャンパス]]、[[よみうりランド]]の下を抜けていく。府中本町駅手前までほとんどトンネル区間であるが、[[京王相模原線]][[稲城駅]]付近や[[東京都道・神奈川県道19号町田調布線|神奈川県道19号]]との交差地点でのみ地上を通る。トンネル区間が終わると南武線と並行して[[多摩川]]を渡り、[[神奈川県]]から[[東京都]]に入る。そして[[中央自動車道]]をくぐると南武線の上下線に挟まれ、[[東京競馬場]]の横を通り[[府中本町駅]]に至る。
 
=== 府中本町駅 - 南浦和駅間 ===
159

回編集