「フェルナンド1世 (アラゴン王)」の版間の差分

編集の要約なし
m (bot: 解消済み仮リンクアンテケーラを内部リンクに置き換えます)
{{出典の明記|date=2016年9月}}
{{基礎情報 君主
| 人名 = フェルナンド1世 / フェランド1世
| 母親 = [[レオノール・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)|レオノール・デ・アラゴン]]
}}
'''フェルナンド1世'''([[カスティーリャ語]]:Fernando I、[[アラゴン語]]:Ferrando I フェランド1世 [[1380年]][[11月27日]] - [[1416年]][[4月2日]])は、[[アラゴン王国|アラゴン]][[アラゴン君主一覧|]]、[[バレンシア王国|バレンシア]]王、[[バルセロナ]][[バルセロナ伯|伯]]、および[[シチリア王国|シチリア]][[ナポリとシチリアの君主一覧|]](在位:1412:[[1412]] - 1416年)。[[カタルーニャ語]]名では'''フェラン1世'''(Ferran I)、[[イタリア語]]名では'''フェルディナンド1世'''(Ferdinando I)。'''フェルナンド・デ・アンテケーラ'''(Fernando de Antequera)と呼ばれたが、これは即位前の[[1410年]]に[[グラナダ王国]]の支配下にあった[[アンテケーラ]]を征服したことによる。
 
== 生涯 ==
[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]][[カスティーリャ君主一覧|]][[フアン1世 (カスティーリャ王)|フアン1世]]と王妃[[レオノール・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)|レオノール]](アラゴン王[[ペドロ4世 (アラゴン王)|ペドロ4世]]の娘)の次男として、[[メディナ・デル・カンポ]](現在の[[バリャドリッド県]])で生まれた。
 
カスティーリャ王位は[[1390年]]に兄[[エンリケ3世 (カスティーリャ王)|エンリケ3世]]が継いだが、[[1406年]]に27歳で早世し、甥で2歳足らずの遺児[[フアン2世 (カスティーリャ王)|フアン2世]]が王位につくと、その母后[[カタリナ・デ・ランカステル|カタリナ]]とともに摂政を務めた<ref name="関180">関、P180。</ref>。摂政としての事績は[[レコンキスタ]]を主導したことが挙げられ、[[1407年]]から[[ナスル朝]]グラナダを西から攻撃して{{仮リンク|サアーラ・デ・ラ・シエーラ|en|Zahara de la Sierra|label=サアーラ}}を攻略p.一旦引き上げた後の1410年に北西からグラナダへ再進出、9月にアンテケーラも落とし名声を獲得した。また、息子達もカスティーリャにおける影響力を持ち、宮廷で増大する親フェルナンド派に圧迫されたフアン2世とその支持者達は、後に寵臣政治を展開して彼等に対抗していくことになる<ref>ローマックス、P229、関、P180 180- P181、西川、P186 - P189。</ref>。
 
母方の伯父にあたるアラゴン王[[マルティン1世 (アラゴン王)|マルティン1世]](シチリア王としてはマルティーノ2世)が1410年に嗣子のないまま亡くなると、[[カスペの妥協]]によって1412年にアラゴン王フェルナンド1世に選ばれた。これには、[[対立教皇]][[ベネディクトゥス13世 (対立教皇)|ベネディクトゥス13世]]とその腹心である[[ビセンテ・フェレール]]の工作、および外国人なら都合が良いと考える[[カタルーニャ君主国|カタルーニャ]]やアラゴン貴族の意向が働いていた<ref name="関180">関、P180。</ref><ref>田澤、P179 - P182、西川、P198 - P202。</ref>
 
フェルナンド1世の業績で知られるのは、対立教皇王位候補者の1人ウルジェイ伯ジャウマ2世が起こした[[ベネディクトゥス13世 (1413年]]の反乱を鎮圧、カタルーニャを始め[[アラゴン連合王国]]を構成する各国の自治を尊重したこと、対立教皇)|ベネディクトゥス13世]]の退位を1416年に受け入れ、40年にも及んだ[[教会大分裂]](大シスマ)を終わらせたことである<ref>関 他。カスペの妥協でフェルナンド1世を支持したベネディクトゥス13世は彼の裏切りを深く恨みp. 240</ref>[[破門]]に処したばかりか繰り返し呪詛し続けたという
 
即位から4年後の1416年、[[イグアラーダ]](現在の[[バルセロナ県]])にて35歳で死去した<ref>田澤、P182 - P184、関、P239 - P240、西川、P202 - P203。</ref>
 
== 子女 ==
1394年、カスティーリャ王族の[[レオノール・デ・アルブルケルケ]]([[サンチョ・デ・アルブルケルケ]]の長女で、父の従妹(従叔母)に当たる)と結婚した。2人の間の子は以下の通り。
*[[アルフォンソ5世 (アラゴン王)|アルフォンソ5世]](1394年 - 1458年)  - アラゴン王、シチリア王、[[ナポリ王国|ナポリ]]王。
*[[マリア・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)|マリア]](1396年 - 1445年)  - カスティーリャ王[[フアン2世 (カスティーリャ王)|フアン2世]]の最初の王妃。息子[[エンリケ4世 (カスティーリャ王)|エンリケ4世]]は一時アラゴン王と[[バルセロナ伯]]の位を叔父であるフアン2世と争った。
*[[フアン2世 (アラゴン王)|フアン2世]](1397年 - 1479年)  - [[ナバラ王国|ナバラ]][[ナバラ君主一覧|王]]、アラゴン王、シチリア王、ナポリ王。
*エンリケ(1400年 - 1445年)  - ビリェーナ公、アルブルケルケ伯、[[サンティアゴ騎士団]]総長(在任:1400年 - 1445年)
*[[レオノール・デ・アラゴン (ポルトガル王妃)|レオノール]](1402年 - 1445年)  - [[ポルトガル君主一覧王国|ポルトガル]][[ポルトガル君主一覧|王]][[ドゥアルテ1世 (ポルトガル王)|ドゥアルテ1世]]妃。
*ペドロ(1406年 - 1438年)  - アルブルケルケ伯、ノート公。
*サンチョ(1410年 - 1416年)  - [[アルカンタラ騎士団]]長
 
== 脚注 ==
 
== 参考文献 ==
* D.W.ローマックス著、[[林邦夫]]訳『レコンキスタ <small>中世スペインの国土回復運動</small>』[[刀水書房]]、1996年。
* 関哲行 他 『世界歴史大系 スペイン史 1』 山川出版社、2008年
* [[田澤耕]]『物語カタルーニャの歴史』[[中央公論新社]]([[中公新書]])、2000年。
 
* [[関哲行]]・[[立石博高]]・[[中塚次郎]]『世界歴史大系 スペイン史 1 <small>-古代~中世-</small> [[山川出版社]]、2008年
== 関連項目 ==
* [[西川和子]]『スペイン レコンキスタ時代の王たち <small>中世800年の国盗り物語</small>』[[彩流社]]、2016年。
*[[トラスタマラ朝]]
 
{{先代次代|[[アラゴン君主一覧|アラゴン王]]<br>[[バルセロナ伯]]<br>[[バレンシア王国|バレンシア王]]<br>[[マヨルカ王国|マヨルカ王]]<br>[[ナポリとシチリアの君主一覧|シチリア王]]|1412年 - 1416年|[[マルティン1世 (アラゴン王)|マルティン1世]]|[[アルフォンソ5世 (アラゴン王)|アルフォンソ5世]]}}
{{アラゴン王||1412年 - 1416年}}
{{シチリア王||1412年 - 1416年}}
 
{{history-stub}}
 
{{Normdaten}}
[[Category:カスティーリャ王子]]
[[Category:カスティーリャの摂政]]
[[Category:レコンキスタの人物]]
[[Category:トラスタマラ家アラゴン系]]
[[Category:1380年生]]