「ポスト構造主義」の版間の差分

→‎概要: 分かりにくい記載の修正
m (デッドリンクの削除)
(→‎概要: 分かりにくい記載の修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==概要==
[[記号学]]で示されるように言語は万能でなく万人に受け入れられている[[シニフィアン]]を再生産利用するときに限り意思疎通が可能である。すると言語の構造を破綻させることで言語から成り立っている[[イデオロギー]]は意味をなくす。ポスト構造主義は政治的な問題、科学における自然法則、宗教上の神、疑似科学、物語のストーリーなどの、形而上学的な存在保証されない前提の信念体系について、言語に従属しているというだけで超越的[[シニフィエ]]の資格を失わせることができる。
 
自己の信念や観念を強く主張する場合に、それと反対の概念が絶対に意見に含まれないと言い切ることはできない。言語を用いている限り、正命題は反命題があることだけによって成り立たなくなるとは言えない。たとえば「彼女は仕事において性別で差別された」という主張に対して「主語(彼女)の中に男女という二項対立が含まれていることから貴方の発言は男女差別だ」ということも可能である<ref>日本語としては「性別」も一語で二項対立にあたると考えられる。しかしそういった日本語固有の問題に対する論文はない。アメリカでは[[ジュディス・バトラー]]などの[[ジェンダー研究]]に発展する。</ref>。
匿名利用者