「アリーナ立川立飛」の版間の差分

編集の要約なし
[[2017年]]-[[2018年]]シーズンのBリーグディビジョン1(B1)では、「[[アルバルク東京]]」が、本来本拠としている[[国立代々木競技場]]第2体育館の老朽化と[[2020年東京オリンピック]]・[[東京パラリンピック]]の会場として使用するための耐震補強改修工事を実施するため、レギュラーシーズンの主管試合30試合中26試合を開催するホームコート(残り4試合は[[駒沢オリンピック公園総合運動場体育館]])として使用する。
 
またこのアリーナのある[[多摩都市モノレール]]・[[立飛駅]]周辺では、飛行場跡地の再開発の一環で、[[2015年]]に[[三井不動産]]との協働による「[[ららぽーと立川立飛]]」を開設、さらに近接の[[立川北駅]]にある[[国営昭和記念公園]]東の旧国有地にも2500人収容のコンサートホールやホテル・オフィスビルなどの土地の再開発を予定しており、これらを総合して立川市街地の賑わいづくりを目指している。なお現「ららぽーと立川立飛」の敷地内には、かつて立飛企業が[[ゴルフ練習場]]と[[軟式野球|軟式]][[野球場]]を設置したことがあり、地域スポーツ振興に貢献したいとしている。
 
==出典==