「今井遥」の版間の差分

m
→‎経歴: 出典記述位置の修正
(→‎経歴: 自己ベストに関わること(ノート参照)等の文言の修正、リンクの追加、出典の無い記述の指摘)
m (→‎経歴: 出典記述位置の修正)
2016-2017シーズン、[[2016/2017 ISUグランプリシリーズ|GPシリーズ]]のアサインもなく、[[2016/2017 ISUチャレンジャーシリーズ|ISUチャンジャーシリーズ]]にも怪我の影響もあり出れず、[[第85回全日本フィギュアスケート選手権|全日本選手権]]には予選を突破し出場したが18位と振るわず、悲願の[[2017年世界フィギュアスケート選手権|世界選手権]]代表、3年連続[[2017年四大陸フィギュアスケート選手権|四大陸選手権]]代表も逃し、[[2017年アジア冬季競技大会におけるフィギュアスケート競技|冬季アジア札幌大会]]、ユニバーシアード代表にも選ばれなかった。その結果、このシーズンは国際大会出場はかなわなかった。
 
2017-2018シーズン、フィンランディア杯までのGPシリーズ前の[[2017/2018 ISUチャレンジャーシリーズ|ISUチャンジャーシリーズ]]のエントリーがなかった。シーズン初戦の北海道・東北選手権は2位。全日本選手権に向けてのスタートを切った<ref>[http://www.jsfresults.com/non_responsive_toppage.htm?figure_top.htm%2CNational/2017-2018/fs_j/block1/index.htm 2017-2018フィギュアスケート競技会(国内公式大会)日本スケート連盟リザルトサイト]</ref>。全日本選手権に向けてのスタートを切った。{{要出典|GPシリーズの時期の重なってるISUチャンジャーシリーズ後半戦のアイススタート杯、ワルシャワ杯にはエントリー出来出場する予定かもしれない。ゴールデンスピン杯はGPファイナルを惜しくも逃した選手等もそこそこ出るのでゴールデンスピン杯は厳しいかもしれない。
現在全日本選手権に出場するレベルの選手の中では最年長である。|date=2017年9月}}