「北朝鮮漂流船問題」の版間の差分

1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.4)
(誤字脱字を微修正)
(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.4))
'''北朝鮮漂流船問題'''(きたちょうせんひょうりゅうせんもんだい)とは[[2012年]]1月に[[朝鮮民主主義人民共和国]]の船が日本の[[領海]]に漂流していた問題。
 
2012年[[1月6日]]に[[島根県]]・[[隠岐島]]の近海の[[日本海]]で不審な小型木造船がいるという情報に基づき、[[海上保安庁]][[第八管区海上保安本部]]([[京都府]][[舞鶴市]])の巡視船と航空機によって島根県・隠岐島沖合約1キロ付近の海上で捜索したところ、いかりが下ろされた状態の木造船が確認された。船の大きさは全長約7メートル・幅約2メートルで、船体にはハングル文字が書かれ、[[グローバル・ポジショニング・システム|GPS]](衛星利用測位システム)が搭載されており、燃料タンクが空になっていて、水や食料はなかった<ref>[httphttps://web.archive.org/web/20120109023444/http://mainichi.jp/select/world/news/20120107k0000e040144000c.html 北朝鮮漂流船:「1人は徐々に衰弱し数日前に死亡」] 毎日新聞 2012年1月7日</ref>。
 
船には3人の男性が生存しており、他1人の男性が低体温症で衰弱死していた。船員は北朝鮮の漁民を名乗り、[[2011年]]12月中旬に漁に出ている際に遭難し、死亡した男性は発見の数日前に死亡したと話している。また北朝鮮最高指導者の[[金正日]]の死去(2011年[[12月19日]]発表)は知らなかったと話す一方で、北朝鮮への帰国を希望している。この船については亡命目的や工作活動の説も出ていたが、日本政府は北朝鮮漁船の遭難と判断した。