「ヨハネス・ファン・デル・ワールス」の版間の差分

| image_size = 200px
| birth_date = {{Birth date|1837|11|23|df=y}}
| birth_place = {{NEDNLD1815}} [[ライデン]]
| death_date = {{death date and age|1923|3|8|1837|11|23|df=y}}
| death_place = {{NED}} [[アムステルダム]]
{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|1910年|ノーベル物理学賞|気体および液体の状態方程式に関する研究}}
{{thumbnail:end}}
'''ヨハネス・ディーデリク・ファン・デル・ワールス'''('''Johannes(Johannes Diderik van der Waals'''、, [[1837年]][[11月23日]] - [[1923年]][[3月8日]])は、[[オランダ]]の[[物理学者]]。[[分子]]の大きさと[[分子間力]]を考慮した[[気体]]の[[状態方程式 (熱力学)|状態方程式]]を発見し、[[1910年]]にオランダ人として3人目の[[ノーベル物理学賞]]を受賞した。
 
ヨハネス・ファン・デル・ワールスの業績の重要さは以下の点にある。