「セブン-イレブン」の版間の差分

出典不明、特筆性無し、マーケティング要素が強い文書をコメントアウト
(出典不明、特筆性無し、マーケティング要素が強い文書をコメントアウト)
タグ: コメントアウト
|}}
'''セブン-イレブン'''({{lang-en-short|7-Eleven}})は、[[アメリカ合衆国]]発祥の[[コンビニエンスストア]]。[[日本]]におけるコンビニエンスストア最大手であり、[[チェーンストア]]としても世界最大の店舗数を展開している企業。日本ではセブン&アイグループの持株会社である、株式会社[[セブン&アイ・ホールディングス]]の子会社である'''株式会社セブン-イレブン・ジャパン'''({{lang-en-short|Seven-Eleven Japan Co., Ltd.}}、SEJ)が展開している。
<!--
 
コーポレートスローガンは「日本のおいしい食卓へ。近くて便利、セブン-イレブンです。」
-->
 
== 概要 ==
<!--
発祥の地はアメリカの[[テキサス州]]{{仮リンク|オーク・クリフ|en|Oak Cliff}}である。[[アメリカ合衆国南部|アメリカ南部]]の[[氷]]の[[小売店]]から始まった。電気[[冷蔵庫]]が普及する前、どこの町にも氷店はあったが、[[1927年]]<ref>2009年2月27日放送[[TBSテレビ]]『[[2時っチャオ!]]』「ニュースチャオ蔵」コーナーより{{出典無効|date=2015年9月}}</ref>にセブン-イレブンの前身であるサウスランド・アイス社はサービス向上のため週7日/16時間営業を始め、さらに[[パン]]や[[牛乳]]なども置くようになった。[[1946年]]に現在の名称を用いるようになる。[[1973年]](昭和48年)、日本の[[イトーヨーカ堂]]が[[ライセンス]]契約を受け、日本でサービスを開始する。[[1980年代]]になってアメリカセブン-イレブンは経営不振に陥り、[[1991年]](平成3年)に[[経営破綻]]したことでイトーヨーカ堂に[[買収]]された。-->
 
名称の由来は、[[アメリカ合衆国本土|アメリカ本土]]では当初、トーテムストアという名前だったが、1946年に[[朝]]7:00から[[夜]]11:00(23:00)までの営業時間にちなんで店名を「7-Eleven」に変更した<ref>{{Cite web|url=http://list25.com/how-25-big-companies-got-their-names/ |title=List25.com - How 25 Big Companies Got Their Names |accessdate=2012-03-31}}</ref>。1963年に[[ラスベガス]]と[[ダラス]]で[[24時間営業]]を開始し<ref>{{cite news
|accessdate = 2007-02-25
|deadurldate = 2017年9月
}}{{en icon}}</ref>
}}{{en icon}}</ref>、現在では24時間営業が多い。日本でも以前はこの時間帯で営業している店舗も多数あったが、現在は一部<ref group="注">JR西日本デイリーサービスネットが運営していた「[[キヨスク]]」「[[ハート・イン]]」から転換し、事実上フランチャイジーとなった[[駅構内]]における「セブン-イレブン Kiosk」「セブン-イレブン Heart・in」などは、鉄道の運転時間に沿っての営業が多いため、ほとんどは24時間営業ではない。また[[オフィス]]や[[大学]]キャンパスなど、利用者が事実上制限される特殊店舗についても、[[テナント]]の企業、学校の休業(校)日にはそれに合わせて休業したり、普段の営業もテナントの営業・開校時間に合わせるなどのところが多く、こちらも24時間営業は比較的少ない部類に当たる。</ref>を除いてほとんどの店舗が24時間営業となっている。
<!--
}}{{en icon}}</ref>、現在では24時間営業が多い。日本でも以前はこの時間帯で営業している店舗も多数あったが、現在は一部<ref group="注">JR西日本デイリーサービスネットが運営していた「[[キヨスク]]」「[[ハート・イン]]」から転換し、事実上フランチャイジーとなった[[駅構内]]における「セブン-イレブン Kiosk」「セブン-イレブン Heart・in」などは、鉄道の運転時間に沿っての営業が多いため、ほとんどは24時間営業ではない。また[[オフィス]]や[[大学]]キャンパスなど、利用者が事実上制限される特殊店舗についても、[[テナント]]の企業、学校の休業(校)日にはそれに合わせて休業したり、普段の営業もテナントの営業・開校時間に合わせるなどのところが多く、こちらも24時間営業は比較的少ない部類に当たる。</ref>を除いてほとんどの店舗が24時間営業となっている。
 
開業当時から[[2010年]](平成22年)までのコーポレートスローガンは「'''セブン-イレブン いい気分!'''」で、以前は「セブン-イレブン いい気分!」の後に「あいててよかった」と続いていたが、[[1990年代]]には「あいててよかった」の一言が消滅している。本家アメリカでは「{{lang|en|Thank Heaven, Seven Eleven}}」<ref>サンク・ヘブン、セブン・イレブン(セブン-イレブン、ありがたい)</ref>であり、やはり[[韻]]を踏んでいる。
廃棄ロス問題は、[[2000年代]]に一部の加盟店の提訴により係争され[[最高裁判所 (日本)|最高裁]]まで争われたものの、[[2007年]]、契約時に加盟店側の合意があることなどを理由として、加盟店側の主張が退けられセブン‐イレブン側の勝訴となった。こうしたトラブルの後、セブン‐イレブン側は「廃棄商品の原価の15%=年間100億円分を本部が負担する」という方針を打ち出した<ref name="LITERAX">LITERAX 株式会社サイゾー(小石川シンイチ)「【追及!セブン‐イレブン商法 第1弾】
加盟店に弁当を廃棄させて儲けるセブン-イレブンのえげつない経営術」</ref>。
-->
 
<!--
== 沿革 ==
{{Main2|アメリカにおける前身についての詳細|セブン-イレブン (米国)}}
 
同業他社で見られる、地場資本によるエリア[[フランチャイズ]]は、[[#鉄道各社との提携・連携|鉄道子会社の弘済会による業務提携等の例外(後述)]]以外、基本的に認めていない。
-->
 
=== 店舗展開 ===
[[ファイル:Interior of Seven-Eleven.jpg|thumb|300px|店舗内の様子]]
50

回編集